久しぶりにウスネオイデスの様子をば。
極寒地のウスネさんです。
頑張ってます…と言いたいところだが、最近どうも元気がない。


理由は、慢心。私の…。
これを育てて今年で7年目になるが、初めて枯らしかけている。






写真を見れば分かると思うが、ところどころ茶色くなっている。
もっさりと束になっている真ん中のほうは、ほとんど茶色化している。つまり、枯れちゃっているのだ。


原因は、明らかに水不足
冬は水やりを控えめにと言っても、あまりにも控えすぎた。


これまでは、休みの日が雨ならマメに外に出してやったり、夜は風呂場に移動させて湿気を与えていたりした。が、今年の冬は、ほとんど移動させていない。
心に余裕がなかったせいか、ウスネオイデスまで気が回らなかった。
毎日見ては、ああ、そろそろ霧吹きでもしないと…と思うのだが、霧吹きが壊れていたせいもあり、ついつい後回しにしていた。
で、案の定、細いやつから枯れてきた。


慌ててHCに走り、360度どこからでも吹けるという大容量の霧吹きを買ってきた。
家の中は、かなり乾燥している。
霧吹きで水をやっても、10分もすれば乾いている。
なので、ここ最近は、1日おきに一緒にお風呂にも入っている。←湯船につかるとかじゃないですよ。


ウスネの育成には自信をもっていたのが、このザマだ。
手がかからないのと、手をかけないのとは、まったく違う。
植物だって生きている。


枯れた部分をこまめにカットして、再度束ね直す…という作業もちまちまやっている。枯れた部分が元どおりになることはまずないので、こうするしかない。暖かくなればきっとまた増えてくれるさ。そう、暖かくなれば……。



FullSizeRender_3_convert_20170211222429.jpg


関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks