今年の畑のテーマは「パーマカルチャー」
多種の作物を少量ずつ、空間的、時間的に集約して栽培する
「循環型の有機栽培」を基本としているので、農薬や化学肥料は使わず、コンパニオンプランツや自宅で作った堆肥を利用する、など。





明らかに勉強不足なうえ、気ばかり焦っているものだから、パーマカルチャーの理念から外れている箇所もあるかもしれないが、初年度なので大目に見ることとする。


コンパニオンプランツと植物の相性などから、大まかに書いてみたレイアウトがこれ。


DSC06986_convert_20170311131535.jpg


マリーゴールドなどの花は書いていないが、随時植える予定。
逆L時型の畝のうえの空いているスペースは、抜いた草や一時発酵済みの堆肥を置く場所にする。ここでミミズと一緒に土を作りながら、畝に足していくつもりでいる。まさに循環型!


不足しているキュウリなどのタネは今、野口のタネさんに注文中なので、これで全部ではないが、今年度の手持ちのタネはすべてここにある↓


DSC06982_convert_20170311131513.jpg


作物別ではなく、タネまきの時期別に付箋を貼り、手前から順番に並べてある。
直播きポット蒔きは、付箋の色を変えてみた。
タネまきの時期は、すべて「冷涼地」を基準に。当たり前だが。


DSC06984_convert_20170311131524.jpg


タネは小さいうえ、袋から出してしまうとどれがどれだが分からなくなるので、こうしてビニールの小分け袋に入れてマジックで記入し、袋に入れている。
いざ畑で、いろんな野菜のタネを蒔くときに、本当にどれだかわからなくなるんだよ私は。



      rokextuto.jpg   tyaba.jpg   rokextuto.jpg



来年度、私が、町内会の役員を引き受けることにいつの間にか内定していたようで(うちはあらゆる役員をやってきたので来年度くらいはご辞退申し上げてもバチは当たらないと思うのだがね)うんざりしながらも一度は内諾したのだが、結局辞退させていただくことになった。これが昨日の話。


というのも、前町会長さんが何というか、やや問題のある方で、過去に起こしたある問題について一切謝罪をしていないこと、それを修造が問題視していること、そのため再度それに関して彼に意思を確認したところ、謝罪するつもりはないと明言されたため、ではこちらとしても町内会が起こした問題を看過するわけにはいかないので、協力は辞退させていただきますということになった。


町会が起こした問題は詳しく書きたいが、本当にヒドイ話なのだ。
数年前、町内のある空き家に、とある子どもの施設が入ることになった。
施設側は、家主や周りの家にも挨拶をすませ、正式な手続きをとってすすめていた。そこに何の問題もなかったはずだった。


なのにある日、親や子どもたちが古家を一生懸命掃除しているところにいきなり前町会長が怒鳴り込んできたのだ。
誰の許可をとってこんなことをしているんだ!今すぐやめて出て行け!!と。


子どもたちは怯えるし、親や先生は何が何だかワケが分からないし唖然…という状況だったらしい。その後全貌が明らかになったのだが、要は「子どものための施設を町内に作るのを許すな!」という例の差別です。
全国で、保育園建設のネックとなっている「子供はうるさい」「保育園建設反対!」の声と同じ。


これは結局、市の問題として市長にまでいったものの、問題は問題として取り上げられることなく、施設側は理不尽な理由でその場所を諦めざるを得なくなった。
もちろん町会の規定や規則の中に、児童施設の導入に反対するなどという文言は一切ない。
個人の偏見と身勝手な理由から、子供たちを追い出したのだ


ドイツでは2011年「子どもの声を騒音としない」とする法改正が可決された。

「子どもの発する騒音は、自明な子どもの成長の表現として、かつ、子どもの正当な発達の可能性を保護するものとして、原則として社会的相当性があり、したがって受忍限度内である」(ベルリン州イミシオン防止法6条1項)


同じ敗戦国なのに、どうしてこうも違うのか。
いつも、いつも思い知らされる。
ドイツは成熟した立派なオトナで、日本はいまだ12歳の子どもだ。



この町内会の「児童施設追い出し事件」は、役人の腐った部分も浮き上がらせたことで、子どもを持つ働く親を心底失望させた。
終わった話ではない。
これは町内の問題ではなく、日本全体の問題なのだ。
本当にそう思う。



関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. もりあお | -

    こちらもお薦め

    こちらでは初めまして。
    いつも楽しく、時に真剣に拝読しております。
    ブクログでは相互フォローになってます、bibliotekです。

    あの、お忙しいのは百も承知なのですが...。
    もしよかったらこちらも読んでみてください。

    『これならできる!自然菜園 -耕さず草を生やして共育ち-』 竹内孝功(農文協)

    以前は庭に雑草が生えるのが苦で仕方なかったのですが、この本を読んでからはとても気が楽になりました。
    今では、雑草はそのまま肥料&マルチになるお宝として大事に(?)育てています。
    耕さないのは最初不安でしたが、問題ありませんでした。
    崩れた畝を土寄せする程度で済むので楽でいいですよ。




    お嬢さんが希望の高校に合格なさいますように!

    ( 18:34 )

  2. ざざ改め電気羊 | -

    >bibliotekさんへ♪

    おおっ!いつもあちらではお世話になっております。
    こんな拙ブログを見ていただいてるなんて、恐縮です。

    本、図書館に予約しました!(早っ)
    私も最近「雑草を根こそぎ抜くのってどうなんだろう?」と思っていたところでしたので、ドンピシャのタイトルに思わず引き込まれています。早く読みたい!
    今は、脳内の80%が畑のことなので(春は毎年そうです)良い本を紹介していただきとても嬉しいです。「耕さず」ってのが良いですよね。耕さない、、、うーん。最高^^

    ムスメには、今日、スマホを貸与しました。
    貸与するにあたり、いくつかの約束事を提示しているのですが、向こうも口が達者でなかなか意見がまとまりません。
    高校は・・・どっちに転んでもいいように、心の準備(だけ)はできました。夫は心労で高熱を出しました。私は胃に穴が空きそうです。当の本人が、一番のんびりしています。腹立たしいです。


    コメントありがとうございました。
    いつか本の感想、書きますね。

    ( 21:33 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks