最低5年は保存しないといけない文書を破棄したこと、理財局長なんかは首がとぶ問題だと、政府の公文書管理委員会の委員長代理の三宅弘弁護士もおっしゃっている。
ということは、理財局長は首をかけてでも隠さねばならないコトがあるのですね。
この国有地問題は、局長が必ず財務相に相談する事案だというから、おのずと本丸は見えてきます。


テレビのコメンテーターたちは必死になって安倍さんや安倍昭恵さんを擁護しているようだけど(田崎某なんかはその代表)木村草太氏のような至極まっとうな意見を聞くとホッとする。
こういうまっとうすぎる解説をして下さる方のほうが、今は希少だなんて
やっぱ異常事態だわ。
報道の自由度が最低ランクの国にいると、だんだん感覚が麻痺してくる。


しかしさすが修造にクリソツなだけある。木村先生。




関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks