ノーマルタイヤに変えた次の日に雪が降った。
まだ夜は零下。春は近いようで遠い。
チューリップも おっかなびっくり芽を出し始めたが、あまりの寒さに「うそずら!?」と思っているに違いない。





高校のオリエンテーション日。

ムスメの入る高校は、「校則」というものがほぼない。
行動規範やルールを決めるのは いわゆる「学生自治」


ここでは、「何かがしたい」を思ったコトを、やる気さえあれば実行にうつすことができる。
一人一人に多くの権利が認められている。
と同時に、多くの責任をも伴う。

そんな自由な活動を支えるのが 自治の精神を写した3つの機関。
「自治」とはなんぞや…!?

生徒会から新1年生に向けて配られた資料には、
 “3年間の中で、様々な人と関わり、様々な経験をするなかで、自分なりの◯◯高校の「自治」のあるべき姿を考えていってください。
そしてみなさん一人ひとりの手で最高の◯◯高校を!”


スバラシイ。


自分たちのことは自分たちで決める。先生は何も決めてくれない。
なので、生徒会というものが重要な役割を果たすことになる。


まず議案は議案書としてまとめられ、評議会→HR討議→生徒大会とすすんでいく。
生徒大会は最高議決機関であり、国で言うところの国会に当たる。
そこで生徒会会員は、議案提案者に意見を出したり質問したりできる。
学年問わず、いろいろな人と議論を交わす。
その上で多数決をして議案を可決するかしないかを決定する。


              col32.gif


高校生にもできることが なぜうちの職場ではできないんだろう。
「アレしてくれない」「コレしてくれない」と文句を言うだけの指示待ち人間に この学校の自治の意味が理解できるだろうか。


あ、いけない。楽しい高校生活の話だった。


ムスメはこの高校に入ると決まったとたんに髪色を少し明るく染め(ほとんど気づかれない程度)毎日ナチュラルメイクをして(おい!)出かけていく。塾と、必要物品の買い出しと、思い出作りと…とけっこう忙しいようだ。


高校デビューするのもいいが、やることはやれよと修造にも釘を刺されていた。
ムスメ自身も、勉強すればするほど選択肢が広がるってことが 今回の受験を通して何となくだが理解できたようなので特に心配はしていないがね。


まぁでも勉強はもちろんなんだが、この時期にしかできないことを思う存分やろう。
青春は一度きりしかないんだもの。
思い切りアオハルをライドしたっていいんじゃないか、と母は思うわけです。





関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks