本日の畑。





16日に播いた種は、不織布の下で少しだが発芽していた。
これはおそらくみやま小かぶ


DSC07124_convert_20170425221117.jpg


晴天が続き、地面もカラカラだったので発芽するか心配。
やはり不織布だけでは心もとないと思い、今日蒔いた種の上には、もみ殻もかぶせてみた。


DSC07123_convert_20170425221139.jpg


これ↑は、初めて挑戦するアロイトマト
野口のタネさんでもすぐに売り切れてしまう希少な種だ。
発芽率が低いらしいので、念には念を入れ、発芽までは土を乾かさないよう厳重に覆っておく。


【今日蒔いたタネ覚書き】

・アロイトマト
・ごせき晩生小松菜
・ルッコラ
・NEW西田ネギ
・赤丸20日
・サニーレタス



畑仕事をすると、ものすごく充実した気分になるのはなぜなのだろう?




line_wafu01_212.png




ムスメの高校生活も もうすぐ1ヶ月。


初めのうちは慣れないこともあり、登校するの気が重いーなどと言っていたが、部活が決まってからは「毎日、ちょー楽しいー!!」と言いながら なんだかんだ元気に高校生活を送っているようだ。


先週は、夜学校に泊まって天体望遠鏡でこと座流星群を観測した。
寝袋持ってみんなでカレー作ってって、ずいぶんと楽しそうでないかい?
「土星の輪っかを初めて見た!!」とコーフンしながら話してくれた。すげー。



話は突然変わって「JK」という言葉について。
「女子高生」の略として私も若者の流行りにのるようにこのブログでも使ってしまっていたけれど、仁藤夢乃さんのインタビュー記事を読んで、何も考えず安易に口にしていた自分を恥じた。
JKというのは、買春業者が摘発されないようにネットでの隠語として使われたという説があると。


言われてみればそうかもしれない。
女子高生であるということがすごく性的に高い価値がある、と意識させるようなニュアンスもある。高校3年生になるとSNSで自分のことをLJK(ラスト女子高生)と名乗ったりする子もいるという。自分が女子高生でなくなることを惜しむような意味合いで使っているのだと。


一部の大人の価値観が当の子どもたちに影響している。
言葉というのは生き物であるがゆえに怖いなとも感じた。


齢50。まだまだ若い人に教わることも多い。猛省。







関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks