私は大変に物持ちがいい。
気に入ったものは、10年、20年は平気で使い続けるタイプ。
これもその一つ。
その昔、今はなき原宿のペンギンカフェという雑貨屋で買ったもの。確か。





20年以上、使ったかな。引っ越すたんびに北へ西へと、一緒に移動して歩いた。
その間私はケッコンをし、そのケッコン相手に「このスタンド、使いづらい」「新しいの買おう?」と言われようと、頑として聞き入れず、大切に使い続けてきた。
そして、赤ん坊が生まれ、その子がスイッチをガチャガチャとあまりにも乱暴にいじるものだから、何度も壊れかかった。スタンドの“かさ”も、よく焦がした。

そんな彼も(電気スタンドのことです)、先日ついに完全にオシャカになってしまった。
もう、スタンドとしての機能はない。何かに使えないかと、かさを頭にかぶってみたが、やはり無理があった。
仕方がない。泣く泣く、お別れ。


私の中のひとつの時代が終わった出来事でした。(大袈裟!)

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. ぴろせしのび | -

    全然関係ない書き込み

    湊かなえ、おもしろいですよねえーーー。
    「告白」あっという間に私も読み終わりまして、ひとつの出来事をそれぞれの視点から書かれた本っておもしろい。途中で前を読み返したりしながら、時々残酷な気分になりながら、でも一気でした。

    ちなみに湊さんは淡路島に住んでます。

    本棚にある都築響一さん。私この人の撮る写真が好きで、2冊ほど今でも写真集持ってます。この本も読んでみたくなりました。探してみよう。

    ( 22:12 )

  2. ざざ | -

    全然関係ない書き込み/大歓迎!!

    「告白」は、視点を変えると、それまで善人だと思っていた人が急に悪人に思えてきたり、のこちらの心理変化が面白かったです。でも小さい子が殺されるのは胸が痛む(涙)フィクションだと分かってはいても。

    ぴろせさんはどのような読書生活を?
    私は常に数冊の本を同時に読む進めるタイプ。もろ乱読派です。
    面白い本があったら教えて下さい^^夏バテで本読むくらいしかできないわー。

    ( 03:31 )

  3. ぴろせしのび | -

    今は

    2冊同時でしたけど、1冊は短い話にて終了。

    もう1冊は朝日MOOK「筑紫哲也」です。
    多事争論の傑作編が載っていて、リアルに見てて読み返して思い出したものがいくつかあります。あとは筑紫さんをこよなく愛す方が様々な想いを寄せた本です。

    まだ読み途中・・・。

    ( 08:46 )

  4. ざざ | -

    それ、読みたいやつだ!

    > もう1冊は朝日MOOK「筑紫哲也」です。

    表紙が筑紫さんのタバコ吹かしてる写真ですよね、それ。
    予約しようと検索したけど、松本の図書館には置いてないんだなぁ。
    また感想聞かせて下さい。

    ( 17:51 )

  5. ぴろせしのび | -

    うひひ

    まさに図書館でゲット!

    「緒方貞子という生き方」を読みたくて図書館にいったら、筑紫さんがタバコふかしてんすよーー。即気持ち変更ですよ。緒方貞子は次ってね・・・。

    今日で半分くらい。感想少々お待ちを。

    ( 23:54 )

  6. ざざ | -

    うひょひょ

    > 「緒方貞子という生き方」を読みたくて図書館にいったら、筑紫さんがタバコふかしてんすよーー。

    今度中央図書館にリクエストしてみます。意外と入れてくれるかも!?

    緒方貞子さんとはシブイ。さすがぴろせ氏ですな。
    他にも面白い本あったら教えて下され。

    ( 22:29 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks