魚眼対決。・・・君もこんなふうに見えているのかなァ。





先週、ムスメの担任の先生との保護者懇談会がありました。

親が学校へ出向き、担任の先生から2学期の通知表を手渡され、それを見ながら子どもについて、あーじゃねーこーじゃねーという話をします。
わが家は偶然にもトップバッター。もう少し算数を頑張りましょうとか、字を丁寧に書けるといいですねとか、少しお山の大将的なところがあるので注意しましょうとか、いろいろ言われるのかなーと内心ビクビク。思い当たることがあり過ぎてどう構えて行ったらいいのかも分からない状態でしたの。イヤな汗かきますって。本当。

ところが先生開口一番何ておっしゃったかというと、

「あおさんについては、何も言うことはありません。^^」

「・・・へ?」


…あの、言っておきますがこれ、自慢じゃないですよ。
確かに一瞬(…むむ?これは喜んでいいものなのか?)と思いましたが、あのムスメ(=わがまま、不注意、整理整頓嫌い、天上天下唯我独尊)のことですから、ぜったい何か裏がある、と思っていたんです。
が、先生としては言葉以上の意味はないようで、本当に学校ではうまくやっている、ということらしいのです。にわかには信じられませんがね。



                blythe.jpg


なんでしょうか。私、自分の子どもが多少でも人様に褒められたりするとですね、不安になるんです。「いいのかー?それで?」って。

大人が思うよい子と、本当のよい子とは違うんじゃないかなーって。あ、でもムスメの場合は親の前では全然よい子じゃないですが えーっと、私が心配してるのは、ムスメが外でよい子を演じて自分の欲求抑えてんじゃないだろうかという。その溜まりに溜まったものがいつか家庭内で爆発して‥‥って、あれ? それなら毎日爆発してるよねあの人。んじゃ心配ないか? ん?

とにかくうちのムスメは人の期待に沿おう!なーんて気はさらさら無いような子なので、それが褒められるってぇと、どうにも信じられない。だって部屋の散らかしようったらないですよ? 毎日毎日言われなきゃ脱いだもんはその辺に脱ぎっぱなし、オモチャは出しっ放し。…あなたレゴを素足で踏んづけたことありますか? 痛いのなんのって、マンガみたいに飛び上がりますよ1メートルくらい。
なのに通知表の『物を大切にし身の回りの整理整頓を心がけている』という項目がなんと!今見たら◎ですよ。



ムスメにひと言言いたい。


学校と同じように家でもやってくれ!・・・頼むから。





関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks