エアープランツを癒し、エアープランツに癒される日々。

   


うちは、ふだんから生活消耗品の買いだめはしていない。
トイレットペーパーのストックは、指定のカゴに入る分だけ。残2ロールくらいになったら買いに行く。時々はストックを切らすこともあるが、私とオットはそれがなくても生きていけるので大した問題ではない。(でもムスメがギャーギャー言うので切らさないようにはしている)

小さい頃、オイルショック(若い人は知らんだろ~^^)があり、母がティッシュなど買いだめしていたのを覚えている。その頃は鼻をかむ紙がなくなったら困るなぁと子供心に思っていたが、テレビで買い物客が殺到する映像などを見て「なんかコワイ~」と思ったのも覚えている。

なんていうのかな。少なくともあまり美しいとは言えない光景ですよね。


                            tisyu.gif



ニュースの間に時折入る、被災地の人へのインタビューに、ハッとする。

「命あったと今感じますし。…皆さんの応援を頂きながら…頑張っていきたいと思います。」
少しうつむき加減で、でも目はまっすぐに記者のほうを向いて、落ち着いた声で話す女性。

赤ちゃんをおぶった若いお母さん。寒くないですか?の質問に
「大丈夫です!家族でくっついて寝ていますので。ありがとうございます!」
というようなことを、笑顔で明るく答えていた。


‥‥‥寒くないわけないんだよ。
雪が降っているような気候で、電気もなく、暖房もないんだもの。


そうなんだ。東北の人はいつだってこんな感じだ。
私は、東北に5年間住んでいたから、よく分かる。
東北の人って、すごいんだよ。
無口で自己主張しないから最初は何考えているのか分からなかったけれど(苦笑)もくもくと自分の仕事をやる。
あまり泣き言を言わない。
今回もおそらく「~してくれない」と他人に文句を言うヒマがあったら、まず自分で動いているんだろう。悲しみの大きさは計り知れないというのに、それを胸の奥にしまって、周りの人と一緒に前へ踏み出しているんだろう。そんな人ばっかりなんだろう。
この芯の太さとか、我慢強さとかいう東北人気質は、数々の災害や日々の厳しい自然の中で助け合って生きてきた過程で培われたものなのだろうなぁ。
私も見習いたい。



被災地に住んでいるわけでもないのに、デマに流され、周りに煽られ、食料や電池やらを買い占めている方。(私も一瞬スーパーに走ろうかとアセったので戒めも含め)
私たち、そろそろ気づきましょう。それらを必要としているのはうちらではないのです。


節電しながらなるべく普通に生活し必要な買い物もして、経済を回しましょう。
バシバシ働いて、お給料が入ったら、それの一部を義援金に回しましょう。
必要な物を、必要とする人に回しましょう。
日本全体を、うまく回していきましょう。






関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. ぴろせ しのび | -

    私の

    友達は福島で今もがんばって働いてます。
    おととい、地震発生後初めて家に帰ったそうです。原発が爆発したら被爆した人が救急搬送されてくるので待機と、次の勤務者がガソリンも無くなってきている関係上、病院にたどり着かないかもしれないというのもあり、ずっと病院から離れられなかったと。

    まだ水道も出ず、給水所にいき、本気で人が福島からいなくなっているのを肌で感じ、泣けてきたって言ってました。

    取り残されてる感じがすごくあるっていってました。

    すぐにでも水でもなんでも担いで駆けつけてあげたいけどそれもかなわない。

    私も地道に地味に生活しながら、お給料を寄付していきます。今月のお給料でまずはチャリティーTシャツを買いました。今、それは2億円以上の募金になってます。

    よかったら買ってください、ゾゾタウンから。

    ( 16:41 )

  2. ざざ | -

    福島の彼女(彼)へエールを

    > 友達は福島で今もがんばって働いてます。
    > おととい、地震発生後初めて家に帰ったそうです。原発が爆発したら被爆した人が救急搬送されてくるので待機と、次の勤務者がガソリンも無くなってきている関係上、病院にたどり着かないかもしれないというのもあり、ずっと病院から離れられなかったと。


    その友達を心底リスペクトします。
    どこかの病院で、10数人で今でも頑張っていて院長が「地獄です」と言っていましたね。
    とにかく人手が足りないと。贅沢は言わない。とにかく人手が欲しいと。
    患者をどんどん輸送するしかないですよね。現地ではひっきりなしに救急要請が入り患者が減ることはなく増える一方だと。DMATの方々も非常に頑張っていますが、急性期を過ぎたまたは内科的な治療を必要とする患者の数が膨大なのでしょう。短期でなく長期の戦いです。
    気が遠くなりますが、現地の病院の機能維持及び立て直しと並行に、患者をいったん県外に送ることがネックだと思われます。でもその手続きやらは、面倒なのかもしれません。


    > よかったら買ってください、ゾゾタウンから。
    私も今日も募金しました。お金はいくら送っても邪魔じゃないですからね。
    Tシャツのサイト見てみます。

    ( 17:02 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)