東北地方太平洋沖地震発生時の全テレビ局同時マルチ映像
  



NHK以外はしばらくの間、地震速報も流さなかったんですね。(津波警報が出ている時に、テレビ東京では南房総でタレントさんが釣りしてる。さすが東テレ)

NHKに比べると、民放はお粗末。
日テレのレポーターの「ほんっと~に面白いね~」発言、フジの「アハハ、笑えてきた~」発言。
生放送の事故とはいえ、これがテレビを作っている人たちの本音なんでしょうな。
舞台裏では日常にこういった会話が繰り広げられているのでしょう。

国民は、災害報道に面白味やスクープなんか求めていない。スタジオにタレントも要らなかった。
その点民放は、どこか視聴率を意識して面白可笑しく仕上げようとしている感がありありなんだよなぁ。それがなぜか画面を通して伝わってきてしまう。テレビを作る側の軽薄な意識。


この数日間で、NHKはかなり株を上げたのでは?
私でさえも「もうとにかく武田アナ」って感じでした^^
ニュースを読みながら時々涙声になる武田クンを見ながら、もう日本のアナウンサーはこの人だけでよいのではっ!?とまで思いましたもん

…ま、ジョーダンですけど。


あともう一つ。
こういう災害時は、民放局は同じような特番を組んで流すのではなくて分担とかできなかったのかな。
例えば、この局は被災者の安否情報を24時間流すとか、この局は避難所の様子や支援物資の流通状況など何かしてあげたいと思う人たちのための情報だけを流し続けるとか。
子どもたちのために、震災の映像以外のもの(アニメでも何でも)を流すチャンネルを作るとか。

地デジとか言ってるんだから何か画期的なことをやってくれるのかと期待したけどな。
横のつながりを密にして…って素人は簡単に考えるけれど、無理なのかしら?

視聴者として言わせてもらえば、自分の得たい情報が、いつ、どのチャンネルで放送されるのか分からなくて困った。そしてそれがみんなが言っていた「確かな情報がない!」になり、不安を煽る結果になったのではないかしらん。
あれだけチャンネルがあって、朝から晩まで番組が放送されていたのに。


     
         line9.gif


連休は仕事。
保身のため責任を他人になすりつけようとする類の人間はどこにでもいると思いますが、そういう方とはあまりお近づきになりたくないと痛感した3日間だった。


あおが熱出したとオットからメール。「まだ当分帰れない」とメールしようとしてそのメールに気づく。
心が折れかかっていたところだったので、急にムスメの声が聞きたくなり家に電話。
「あおちゃんね~お熱なのよ~。うふっ。ママはやく帰ってきてね~。んじゃあね~」
意外と元気な声。安心した。残務を片付けるだけの元気をもらう。
1杯のコーヒーより、どんなカンフル剤より効く、ムスメの生声♪
(昔はこれが『オットの生声』だった時もあったんだがなぁ^^)





関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. ぴろせ しのび | -

    ねーー

    NHK以外どこをつけても津波が町を襲う映像ばかりが流れてた日、あれはもうなんていうか・・・ひどかった・・・。

    お仕事ご苦労様です。

    全然関係ないけど、今入院している子供に「あおちゃん」がいます。あおちゃん以外にあおちゃんと名乗る子に会ったのは初めてです。

    そしてとーじょー氏にクリソツなハルカちゃんという子がいます。これまたびっくりです。世の中には3人似てる人がいるっていいますが、とーじょー氏にお見せしたいくらいそっくりです。

    ( 09:49 )

  2. ざざ | -

    >ぴろせ氏へ

    > NHK以外どこをつけても津波が町を襲う映像ばかりが流れてた日、あれはもうなんていうか・・・ひどかった・・・。

    そうですよね。もうちょっと違うやり方があっても良かったかなーなんて、部外者だから言えるんですけどね(苦笑)


    > 全然関係ないけど、今入院している子供に「あおちゃん」がいます。あおちゃん以外にあおちゃんと名乗る子に会ったのは初めてです。

    そちらのあおちゃん早く元気になるといいな。こっちのあおちゃんはまだ熱下がらず元気ないです。


    > 世の中には3人似てる人がいるっていいますが、

    私自分にそっくりな人を昔人混みで見つけたことあります。もうイヤになるくらいソックリでした。彼女は幸せな人生を送っているのかなぁ。

    ( 19:48 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)