マーガレットが元気良く咲いているうちの庭。






いいことばかり、あるわけじゃない。
霧のようにきえてしまいたいと思う時。
萎れたキャベツのように悲しい時。
でも、そこから逃げないで立っていると、誰かがきっと見ていてくれる。
何もしてくれなくても、何も言ってくれなくても。


  『ブリキの音符』より抜粋  片山令子 文/ささめやゆき 絵(アートン)







関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)