ブログ左下のBossaBooksの本棚が100冊になり、たまたま100冊目に選ばれた本(「さくら・さくらんぼのリズムとうた」→)に関連して、うちのムスメが通っていたちょっと変わった保育園を紹介します。

下の写真、何をしているのか分かりますか?



これが「さくらさくらんぼ保育」でいうところのリズム運動の一つです。

この「ハイハイ」は、足の親指で土を蹴る「両生類の運動」です。
写真は卒園後の同窓会の時(みんな小学1年生。てか同窓会でもこんなことやらせる園です)ちなみに真ん中のオレンジのTシャツがうちのムスメです。
保育園時代は朝マットの上で体をほぐしてから(親が補助する)このハイハイを2、3周するのが日課でした。これ、簡単そうですが、やってみたら出来ませんでしたよ私。

DSCF1242_convert_20091130031224.jpg

これは卒園式。年長さん(おおわしさん)の勇姿です。
普通の保育園は卒園式にこんなことしないわな
そしてやっぱり短パン&裸足。外は雪が散らつくような寒さでしたけどね。

DSCF1253_convert_20091130031252.jpg

ムスメの華麗なる側転をば、見て下さい。みんな上手です。音もしないのです。

                col31.gif

うちのムスメは、松本に越してきてからこの「さくらさくらんぼ保育」を実践している保育園に入りました。東京にいる時から名前くらいは聞いたことはあったものの、それがどんな保育なのかまったく知りませんでした。シュタイナー保育園が松本にあればそこに入園させたかったと思っていたくらいでしたから。

しかし! この保育園はすごかった!

「ヒトの子を人間に育てる」とありますが、まさにそれ。最初園を訪れた時のことは忘れられません。子どもたちが一斉にわっと寄ってきて、私と娘は取り囲まれました。
「この子、だれ?」「名前なんていうの?」「どこから来たの?」「山の子(園の名)入るの?」・・・・・

そこにいる子どもたちが何と表現したらいいのか、今まで私が出会った子どもたちとぜんぜん違ったのです。目が。元気さが。おしゃべりが。着ている服の汚れっぷりが・・・

これは衝撃でした。

そこで行われていること、子どもたちの容姿、テレビやプラスチックのものがないこと、子どもたちが一見バラバラで好き勝手に遊んでいるように見える様子、「いただきます」で始まらない食事風景と食事の内容、子どもたちが先生を呼び捨てしていること、どの子がどの親か分からないほど親たちが自分の子以外にも声をかけていること…。なんなんだ、これは?
でも、不思議とすべてが私の中にスーッと入ってきました。

さくらさくらんぼ保育に関してはいろんな意見があります。一口にさくらさくらんぼと言っても、園によって様々です。卒園児たちがどうなるのか、正直私には分かりません。ただ、少なくともうちのムスメに限って言えば、この保育園に入れて良かったと今でも心から思っています。



       line17.gif



最後に、一つの絵を紹介します。
これは市内の全保育園・幼稚園が美術館に掲示するために園児に描かせた絵です。
お題は特にないようでしたが、ほとんどの保育園は、先生が形をくりぬいて作った紙にそれぞれ自分の似顔絵を描いてそれを貼り合わせたもの、とか、キャラクターの顔に自分の名前と似顔絵を描いて将来の夢とか書いたもの、とか、子どもたちに同じスペースを与え、そこに好きなものを描かせた(たいていはTVキャラクターものかお姫さま♡)もの、とかでした。
そんな中、ひときわ異彩を放っていたのが、ムスメたちの描いた絵でした。

先生が何も言わず紙を出したら、みんなが黙々と描き始めたそうです。
それはその数日前に登った美ヶ原高原で見た風景でした。みんなでひとつの絵を完成させました。


DSCF14132.jpg



私はこの絵が大好きです。


関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. こんばんわっ☆

    さくらさくらんぼ保育、リズム運動を私は知りませんでした(恥)が、その徹底さに驚きました

    園児達のその絵は「自然の中でのびのびと」というモットーが、ちゃんと子供達に伝わってるなによりの証ですね
    すばらしいです!
    私も幼稚園選び時に、やはり「お勉強」より「のびのび」を重視してる所に入れたはずなのだけど、実際は園長の方針に疑問を抱く保護者が多かったです
    ただ、先生には恵まれてたので、それが救いでした~

    ( 20:37 )

  2. ざざ | -

    いろいろですわね★

    私もリズムを見たのはここが初めてでしたヨ。
    今でも変わった保育園だったな~と思っています。
    子どもには天国でも、親には地獄…e-260てなところもありましたし(父母活動がハンパなくて)。
    隣りにいるムスメに聞いたら「山の子大好き~v-238」ですと。

    保育園て園長先生によってだいぶ雰囲気も変わるでしょうね。
    担当の保育士さんによっても違うだろうし。

    まぁしかし東京とちがって、保育園を選べるだけ恵まれてたとも言えますな。

    ( 22:49 )

  3. 待ってました~ん♪

    …と言うつもりで来たのだけど、師走に入りやはり会社は忙しいのかしら
    そんな中、遊びに来てくれてありがと~です 嬉

    また時間ある時の更新楽しみにしてますね

    PS タイトルいつ変えたんだろ?! 私昨日気付いて自ブロのリンクも早速変えたんだけど、遅かったらごめんなさいね~

    ( 08:58 )

  4. ざざ | -

    目標に及ばず

    3回/週の更新が目標でしたが…。なかなかに難しいe-444
    よそん所にフラフラ遊びに行っては、ほほ~e-451なるほど~e-460などと言いながらサーフィンしてまふ。
    §うり§さまの元気を少し分けてもらいまひた~。

    軟体動物のようですが、今から眠りまふe-261

    あそうそう、タイトル変えたの分かった?
    お手数かけました。変えたのは昨夜でふ~e-275

    ( 13:31 )

  5. サチコ | -

    こんにちは

    古いエントリーに突然のコメント失礼します。
    札幌で、おなじくさくらさくらんぼ保育実践園に兄弟を通わせている母で、保育園歴5年。長男は今年等々年長です。

    うんうん、とうなづいてしまうことばっかりで、思わずコメントさせて頂きました。
    特に「目が……着ている服の汚れっぷりが!!!」には激しく同意(笑)
    実母には「どこのコジキかと思うわ」といつも言われています(汗)

    ( 11:30 )

  6. ざざ | -

    >サチコさんへ♪

    こちらこそ初めまして^^

    サチコさんは札幌ですかぁ。
    息子さんたち、さくらさくらんぼ園の現役なんですね!すごーい!

    「服の汚れっぷり」・・・共感して下さってとても嬉しいです。
    私はいつも「泥で煮染めたような服」と呼んでいました(笑)。
    どんな洗剤でも決して落ちることのなかった泥汚れ・・・。
    今となっては懐かしいです。

    あとこれは語弊があるかもしれませんが、さくらさくらんぼ園って、女の子はもちろんですが、男の子にこそふさわしい園だよなぁと当時は感じていました。
    わんぱくな男の子の好奇心や冒険心をいつでもフルに満たしてくれるところが、です^^
    サチコさんの息子さんも、楽しい保育園生活を送っているのでしょうね。

    息子さん、年長さんなんですね。
    運動会はもう終わったのかしら?
    父母活動も大変だと思いますが、今しかない時間を思う存分楽しんで下さい〜。
    うちはたった2年しか通わなかったので大きいことは言えないのですが・・・(汗)

    コメント嬉しかったデス。ありがとうございました♪

    ( 14:22 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks