2年前に植えたモッコウバラが、今年初めて花をつけた。うれしい!

  


庭の雑草が、ちょっと見ないうちにぐんぐん成長しジャングル化していた。
今日ようやく久しぶりの庭仕事♪
毎日の拡散予測をチェックしているので、微量の放射性物質がここ長野にも当然運ばれたであろうと考えて、完全防備で(N95マスクこそしませんが^^)。

しかし今年は花が遅い。
去年の今頃はもう満開だったバラもまだちらほらだし、ナデシコやタイムの花もちょっぴりしか咲いていない。手入れが悪いという説もあるが(苦笑)、去年の夏が異常に暑かったり(覚えてますかー?)冬は冬で異常に寒かったりと、どうもこの異常気象と関係があるような気がするんだなぁ。それとも放射能にビックリして花弁が開かないとか…?(何でも関連づけたがる)


午前中にほぼ雑草抜きと芝刈りを済ませ、なんとか「人が住んでいる家」に戻すことができた。通りから見える庭やエントランスって、一番気を使わなきゃいけない場所だと思う。家がいくら立派でも、敷地がぐるっとコンクリートの塀で囲われていたり、空の植木鉢がいくつも積んであったり、植栽が貧弱だったりするとがっかりする。新築の家も、家自体に予算を使い果たしてしまって、エクステリアはお粗末というのもちょっと。まぁ、おいおい整えていこうというつもりなのかもしれないけれど、2年経ってもそのまま…という家はけっこう見かける(笑。
庭づくりは一朝一夕では出来ないので、家を建てる前にあらかじめガーデンプランを立てておいた方が良いです。出来れば家と一緒にシンボルツリーを植えてしまう、とか。そうすれば木も一緒に家の歴史を刻んでくれるし、思い出にもなるよね。…って家も建てたことのない者が何言ってるのか(苦笑)

トイレと玄関を見ればその家の人の“人となり”が分かるとよく言われるが、私に言わせると、家の中より家の外、特に通行人からもろに見える玄関周りや庭・エクステリアを見ればその家の人がどういう人間なのか分かるというもの。だって家の中なんて、そうそう他人が入って見るもんじゃないし、ほとんどの人はその家の外観を見るのだからね。

通りに出てモッコウバラの写真を撮っていたら、通りがかりの人にクスッと笑われた。
植物の成長の記録をとっているんですよーと言いたかったがやめた。でも庭の変遷を知るためにも、植物の写真は撮る意味があるのだよ。うちなんか子供の写真より、植物の写真の方が多いんだから。
そいでもって欲を言えばもう少し性能のいいコンデジが欲しいんだけどね。



午後は天気予報通り雨。
ムスメに傘を持たせるのを忘れたので、迎えに行く。
アメアメフレフレ母さんが~♪と歌いつつ、校門で待っていると、ムスメが駆け寄って来た。
「ママ初めてだね。学校迎えに来るの。」と言われる。
そうかなー?そういえばそうだね。でも今日は最初から迎えに来るつもりだったんだよーと答える。「たまにはいいじゃん?」「そうだね。たまには、ね♪」…嬉しそうなムスメと並んで帰る。


ちょっぴり肌寒い日。
おうち着いたらあったかいミルクティーでも飲もうか。うん。



kit5.gif   kit27.gif  kit33.gif  kit10.gif




関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)