重大な決断をしなくてはいけない時、みんなはどうしているのだろう?
AかBか、どちらか一つしか選べない時、どうします?
(ハンバーグ定食か生姜焼き定食か?とかのレベルの話ではなく^^)

私もこれまでの人生、何度かこういった決断をしながら生きてきた。

今、仕事を辞めて日本を飛び出すか?否か?(もう少しあとにするか?)
子どもを持つか持たないか?
この不動産を買うか買わないか?
この人と結婚するか?あの人にするか?(…すいません。見栄はりました)

タイミングやその時の勢い、自分の「勘」とか友達の助言、そういうのももちろん助けにはなる。
でももし、それだけでは決められないくらいの難しい決断を迫られたとしたら…?

どちらか一つを選ぶという事は、もう一つを諦めるという事に他ならないのであって、どちらを選んでも大なり小なり後悔はするのだ。人生は1回こっきり、だしね。

だから私はいつも自分の胸に手を当てて「後悔しないほうを選ぶ」ことにしている。


36.gif


心の中でシミュレーションしてみる。
今仕事辞めて日本を出る私(A)をイメージする。資金、準備、情報収集、海外情勢、円相場、親の健康…etc。それが可能かどうかまず客観的な判断材料を並べてみる。そしてその道を選ぶことによるメリット、デメリットを挙げてみる。
それと同じように、もう一つの方(B)もシミュレーション。今は仕事は辞めない。来年もこのままの生活を続ける。そのメリットとデメリット。
……材料が揃ったところで、目を閉じて考える。
もし(A)を選んだら私は後悔するだろうか?‥‥うーん。たぶんしないと思う。準備不足で何かあったとしても、あと1年待てば良かったとは考えないような気がする。
もし(B)を選んだら後悔するか?‥‥来年もまた同じく悩むと思う。今年発つのと来年発つのとで何か違いがあるかっていったら何もないような気もする。今年出ないと後悔するような予感がする。いや、絶対後悔する!
   【結果】 → (A)

……というふうに。


40.gif


人生においての決断は、Happyなことばかりじゃない。
身を切られるような過酷な状況でも、私たちは決断を迫られる。

私の決断。
もしこれ以上の放射能汚染が続いて、どんなに気をつけていても子への被ばく量を減らす事が困難だと判断した時には、子どもを連れて逃げるつもりだ。

それは私が、仕事より、家より、土地より、周りの目より、親類縁者の目より、他の何よりもムスメの未来のほうが大事だと考えているから。

ムスメは私たち親の都合で被ばくさせられる義務はないし、私も自分の都合でムスメを危険な目に合わせる権利はない。たとえ親でもね。
「あの時どうしてもっと早く避難しなかったのか」と、横たわるムスメを見て泣きたくないんだ私。
何十年か後に元気な赤ちゃんを産んで「育児ってた~いへん!!」って右往左往しているムスメの姿を見たいんだ。
その孫が思いっきり泥だらけになって遊んでいる姿をこの目でしっかと見たい。
私とムスメと孫と、3人同じ顔を並べて写真撮りたい。
あるいはムスメが、結婚せず仕事に生きる道を選んだとしたら、心から応援したい。
何にしろ彼女が安心して幸せに暮らしている姿を、遠くから眺めていたい。
そのささやかな夢を死守したいんだもん。だから覚悟を決めとくんだ。

私は絶対後悔したくないし、後悔するような人生を送りたくないのだ。


誰かがこう言うからこうする…じゃなくて、
誰かが言わないからやらない…じゃなくて、

自分の人生は自分で決める。私たちは考える頭を持ってる。家族を守りたいという深い愛情がある。

どんな決断をしたとしても、子どもたちはきっと親のことは責めないだろう。
でも、その親自身が何十年か後に自分を責めるような日々を送っていたら……?
子どもは、泣くよ。


わたしたち一人一人の決断が、すべての人の幸せへの道に通じていますように。



                 sun.gif







関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. ぴろせ しのび | -

    私は

    一線から離れたこと、後悔してない。

    私はどうしてこっちを選んだのか、自分で自分に説明してみて、納得できたら、間違いないと確信する。

    結構感覚的なものも大事にする。
    「今年はなにか起こる」と思ったときに必ず何か大きな転機が本当に今まであったから。この勘はあたる。

    よく死ぬことはよく生きることだ!
    って千葉さんがいいました。1日を無駄にしたくないです。

    ( 09:39 )

  2. ざざ | -

    決めた道は結局いい道

    > 一線から離れたこと、後悔してない。

    自分でちゃんと考えて決めた道は、ぜったい間違っていない道だ、と私も思います。
    たとえそれで痛い目に遭ったとしても、後悔はしないですものね^^


    > 「今年はなにか起こる」と思ったときに必ず何か大きな転機が本当に今まであったから。この勘はあたる。

    そういう第六感は大事ですよね。
    動物の本能というのは不思議なものです。
    自分が生き残るために、無意識にその道を選んでいる。
    だからお互い、このオットを選んだというのも間違っていないのです。(よねっ!?)


    > よく死ぬことはよく生きることだ!

    そうそう!千葉さんいいこと言った!
    誰でも死ぬんです。だからそれまでは思いっきり悪あがきしようと思ってます。

    ( 10:23 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)