松本復興相辞任問題についてひと言言いたい。
宮城県知事との会見のあの映像だけを見ると、何をエラソーにと思うかもしれないが(私も最初はそう思った)よくよく考えると彼は当たり前のことを言っている。時間指定のある来客がある場合、用意して出迎えるのは常識だし、自分とこの会議が長引いたそうだが、中断してでも、場を整えて待つくらいのことはしなきゃ。

それより私は、宮城県知事の「やる気のなさ」の方が気になった。
あんな応接室で要望書を手渡すだけなら、わざわざ呼びつける必要もない。
本当は、会議室のような実用的な部屋で、県内の復興の実務に携わる面々を招集し、書類を広げて速攻内容に移れる状態で、待ってました!とばかりに復興相を議論に引きずり込むくらいの気合いが必要だったと思うんだよねー。


松本復興相が「漁協とのコンセンサスがまだ出来ていない」と言ったのも分かる。
ある程度の自主性が地方に求められるのは当たり前のこと。
それにこの宮城県知事の復興政策をみれば、住民のほうを向いていないことは明らか。
地元の漁業を売り渡し、庶民には増税を強要する方向へ。財界にしか顔が向いていないよこの知事は。相当なもんですよ。


県民不在の宮城復興計画「水産特区」「農地集約化」財界の意向 民間企業参入、庶民増税に執念
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-05-29/2011052902_02_1.html


宮城県の復興計画 野村総研が全面関与 知事「地元の人 入れない」
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-05-29/2011052901_02_1.html
(情報元:しんぶん赤旗)


それにこういうことをスキャンダラスに報道するマスコミにもううんざり。
民主政権になってからどーでもいいことを大袈裟にして「やっぱり民主党はダメだ」という概念を植えつけようと必死らしい。この「やっぱり民主党はダメだ」が今に「自民党の方がまだマシだった」という思考に移行させる洗脳政策。

それにあの映像はどうも不自然。私なんか疑り深いから、松本復興相が菅下ろしのために誰かの指示で、テレビカメラの前でひと芝居打ったんだと思っちゃったよ。

それに、宮城県内の保育所内で保護者が放射能測定をすることを違法行為として禁ずると通達した宮城県知事については、最初から良い印象がない。
でも、怒鳴られたり恫喝されたりしてやる気がもりもり沸いてくるっていう人もあまりいないと思うので(苦笑)松本復興相のあの物言いは、被災地の首長の能力を「さらに」低くしたという点で問題だけどね。





農水省も暑さのせいか、どうかしているようですね。
放射性物質が含まれている汚泥を、どうして肥料として混ぜまぜすることを許可しちゃうわけ?
あんたねー、これ許可しちゃうと日本全国にその肥料が出回って、安全な土地がなくなっちゃうじゃない。関西や九州の野菜は安全だとか、そういう神話が崩れますよ。
てか、安全な食物を作れる土壌をなくす気か?
内部被ばくの危険性、理解してます?
それに、これは全国のガーデナーにとっても危機的状況である。
もの言わぬ植物たちに代わって、これ以上汚染をばらまく行為を断固阻止したい!


…ということで、怒りを込めて署名しました。
  ↓  ↓  ↓
【農林水産省が決定した、放射性物質が検出された汚泥を全国に肥料として流通させる新基準に反対する署名】
http://www.shomei.tv/project-1785.html">







それはそうと、佳境に来ている「チャングムの誓い」。(うちだけのブームですが
ドラマにハマったのは何年ぶりかしら?「救命病棟24時」以来か?
とにかくチョンホ様がカッコ良すぎて困る!

     116523288015829606.jpg←この方ね

疫病の村に取り残されたチャングムを封鎖を突破して助けに行くシーン。
火の中からチャングムをお姫様抱っこして救うラブファイヤーなシーンもあり。
ああ、これ夢に見そうだわ。(そして夢の中の私はなぜか痩せているという…


己の身が危険に晒されようとも正義を貫き悪を正す、熱血役人・チョンホ。
こういう人格をもった官僚が各省に何人かでもいればねぇ。





最近脇の仕事が忙しく、英語の論文を読みあさる日々。
長年の慣習で続けていることを、エビデンスに基づいて改正していく。
壁は大きく高い。人の壁。
でも私には頭脳明晰な仲間がいて、作業は思うように捗っている。私は幸せ者。

時々思う。誰もが市民科学者なんだと。
誰もが高木仁三郎なんだと。

料理法一つをとっても、無意識だけど、調味料の性質・味への影響などを頭で考えながらお母さんは作っているでしょ。掃除、洗濯すべてそう。
放射能測定は、各家庭を一つ一つ回って調べなければ意味がない。
うちは高濃度だけどお隣はそうでもない、などの現象はあるはずだ。
子どもが歩く所、しゃがむ所、地べたに座りそうな所。そういう所をピンポイントで細か~く同じ条件下で測定しないと「安全だ」とは言えない。
「危険とは言えない」=「安全」、ではないのだ。

そういう意味でも、保護者が測定するのを違法だとか言う首長は信用できないんだよね。








関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)