結婚して20年ちょい、ずっとつけていた指輪。
邪魔にならないよう、超シンプルなもの…いう基準で選んだプラチナのやつ。
別に意味があるわけでなく、夫LOVE♡というわけでも到底なく(笑)、もはや薬指にはめていないと何だか落ち着かないという理由だけでつけていた。それくらい指に馴染んでいた。


それが指輪を外さなければいけない事情があった時に、外して財布に入れておいたまま忘れていて、半日経って自分が指輪をしていないことに気づき、財布の中を探したが見つからない。
家、車の中、買い物袋、ゴミ箱の中…。
財布は、ぜんぶ中身を出してひっくり返したり透かしてみたり、100万回見たけれどどこにもない。


記憶を辿っていくと、昨日ある市場で買い物をした時に、お会計の後、財布から小銭がバラバラと床に落ちたことを思い出した。
あの時私スイカを1/2個買って、他に野菜もいろいろ買って、仕事帰りで荷物も多かったものだから両手が塞がっていた。2方向に小銭が散らばったのは分かったんだけど、レジ近くで人の往来も多かったから、目についたものだけ拾ってさっさと帰ってきたんだっけ。あの時にレジ台の下とかに転がって入り込んだのかもしれない!

市場に電話したけど、指輪の落とし物はありませんという返事。
諦めきれず、市場へ行った。
事情を話して床の下、レジ台の下、指輪が転がっていきそうな所をくまなく探させてもらった。
店員さんも、お客さんも、台をどかしてくれたりして一緒に探してくれた。「思い出だからねぇ」と。
でも見つからなかった。
何より自分の不注意でなくしてしまったのだし、それ以上探すとお店にも迷惑がかかるので、御礼を言って市場を後にした。
‥‥‥‥‥がっくり。



      line-himoribonbrown.gif



思い起こせば20数年前、二人ともお金がなかったから、一番安いものにした。
金銀宝石にまったく興味がない私が、結婚式もしなかったし一応「記念だから」という理由で、気のすすまないオットを引っ張って宝石売り場に行ったことを、つい昨日のことのように覚えている。
これ以上はないっていうくらいの、そっけない、デザインもへったくれもない「ただの輪っか」が二人とも気に入り、即購入した。
裏にはその日の日付とイニシャル(サービスだった)を入れてもらった。


なんで指輪に思い入れがあるかというと、私たちの始めの始めがいきなりどん底でしたから。
知らない土地で、小さい部屋を借りて生活を始めたあの頃。
うちの親にずいぶんと反対されたナァ。私たちの結婚(苦笑)。
夫婦別姓なんて、今じゃ珍しくもないけど、当時はまだ周囲の理解がなかったからね。
親のところへ行っては、いろんな本を置いてきたり、根気づよく説明したりした。
でも、理解はされなかった。
あんな頑固な親放っておけばいい、私たちは勝手にやろうよ、もう理解なんてしてくれなくていいじゃんと投げ出しそうになる私に、それじゃあダメなんだと諭すオット。
ま、結局、口でいくら説明しても理解してもらえないから、こういう考え方でも問題なくうまくやっていけるんだということを実績で証明するしかないという結論になったわけだけれども(苦笑)。

私はこのことで、何十回も親に勘当されたし、何度も縁を切られた。
でも自分は間違ったことはしていないし、国の制度や親の世代の常識のほうがオカシイとも感じていた。
オットも同じ考えだったから意志を曲げずに来れたけれど、親に勘当されるってけっこう堪えるよ^^
あの頃げっそり痩せたもんなぁ。


でも今じゃうちの親は、そんなことがあったことすら忘れてる。
ムカつくほど、キレイさっぱりね(笑)。
子どもがあんなに苦しんだのに、気楽なもんですよ。

だから若い人たちに言いたい。
結婚とか就職とか、人生のいろいろな節目で親に反対される機会があるかもしれないけど、自分の信じた道を突き進んだ方が絶対いいということを。
親はね、いずれ分かってくれるもんだ。結果オーライなんだ。
仮に親に反対されて、親の言う道を進んだとしてコケた時、絶対それを親のせいにしたくなる。
自分で決めた道なら、たとえ失敗だったとしても後悔はしないもんだ。
てめぇの人生は、てめぇでケリつけなきゃね。


・・・っと、指輪の話だった。

あの指輪は、このような修羅場をかいくぐってきた同志としてのオットとの言わば結束の証であり、あの頃を忘れない的なノスタルジックな意味もあり、安モノだし汚れてもいたけれど、私にとっては特別なものだった。
のに、のに、のに・・・・・!



あまりに私が打ちひしがれているのを見かねたオットが、今度の誕生日に新しい指輪を買ってくれると言ってきた。
どうしようか。指輪が欲しいわけじゃないんだよね。あの指輪じゃなくちゃ意味がないんだよね。
アーー面倒くさいあたし。
立ち直るのにしばらく時間がかかりそうっす。





追伸:
な、な、なんと! その後数日して指輪が手元にかえってきました!!!
詳細はこちら
  ↓
「戻ってきた結婚指輪♪」











関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. |

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです

    ( 15:21 )

  2. ざざ | -

    Re: きゃー

    おおっとぉー!見逃すところだったぜぃ、コメント。
    指輪ねぇー。まだ時々違和感あるけど、新しいの買うのもねー。
    ネットでちょっと調べたら、プラチナえらい高いじゃんっ!って。
    そんなに高かったかなー。全然覚えないけどー。

    超シンプルな結婚指輪をはめるというのは、昔すごく尊敬していたえらく仕事の出来る先輩のマネなんですよー。
    アクセサリーはそれしかつけないというのもカッコよかったなぁ。

    やっぱり次の誕生日に買ってもらおうかなァ。
    ダイヤとか付いてない、本当にシンプルなのでいいんだけど、むしろそういうのって男性用だったりするみたい。
    あ、指太いから男性用でも間に合うかもしれない(泣)

    指輪、キレイなままでいいなー。
    時々二人で思い出して一緒にはめるってのも、いいかもしんない^^夫婦っぽくて。

    ( 10:32 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)