幼小中で「粗食給食」 被災地の苦労実感して
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/hiroshima/news/20110905-OYT8T00996.htm


転載開始ーーー


福山市教委 浮いた300万円寄付へ

 東日本大震災の被災地で給食の提供さえままならない状況に思いをはせようと、福山市教委は5日、市立の小中学校、幼稚園の給食で、通常は1人245円の食材費を145円に抑えた「粗食献立」を行った。約3万人分で、浮いた約300万円は復興支援のために寄付する。

 献立は、ご飯と豚汁、味付けのりと牛乳だけで、子どもたちが一番楽しみにしている主菜はなし。福山市木之庄町、市立樹徳小の2年2組では、主任栄養専門員の今川京子さん(53)が「この献立でさえ出せない地域があった。同じ小学生の苦労を考えて」と呼び掛けた。子どもたちは「大切に残さず食べます」などと発言し、給食を平らげていた。

 市川友翔君(7)は「早く、みんながおなかいっぱい食べられるようになってほしい」と願っていた。

 宮城、岩手両県などの被災地では調理施設が被害を受けたため、パンやおにぎりと牛乳だけの「簡易給食」を続ける学校が相次いだ。

(2011年9月6日 読売新聞)


転載終了ーーー





バカですか?
どうやったらこういう考えに行きつくのでしょうか。
こんなこと思いつく大人が広島の福山市の教育委員会には居るんだねぇ。覚えとこ。
で、もし私がこの福山市立樹徳小学校の父兄だったら、今頃学校に怒鳴り込んでいるわけだけど、モンスターペアレント扱いされておしまいなんだよねきっと。

これも一種の「不幸の均霑(きんてん)プロパガンダ」にやられた大人の所業だろう。
  不幸の均霑=不幸を公平に分かち合うこと
どこかおかしいよこの国。
それを何の疑問もなく報道してしまうのも、気味が悪い。


      line-tamared.gif


紀伊半島を襲った豪雨、被害が大変なことになっている。
津波の映像を思い出す。水の脅威。
震災の後に「塔の上のラプンツェル」を観に行って、主人公たちが濁流に流されるシーンがあるんだけど、思わず目を背けてしまった。そのくらい恐怖だった。
被害にあった地域の皆さんの生活が、一日も早く平常に戻りますように。



仕事中にふとケータイ見たら、メッセージが。
ママ…すぐ電話して……というムスメのか細い声。
な、なんだ?また自転車で転んで顔ざっくりいったのか?それとも誰かに襲われたとか!?
ドキドキしながら家に電話。何があったん?と聞けば
「……ママの声が聞きたかったの。それだけ」

うぐっ。この忙しい時にくくっ。でもまぁよし!許す。可愛いから。
そのあと、指相撲した時に「レディーGO!」というところをいつもムスメが「メリーゴー!」と言うのを思い出して一人でクスクス。


      line-tamared.gif


最近になって保安院は、「実は3月12日と14日の水素爆発で多量のプルトニウムが放出されてましたエヘッ」というデータを出してきました。
ジャーナリストの上杉隆氏がなぜプルトニウムを計っていないのか質問すると「計器がない」。でも実はこれはまったくのウソ。
で計ったのはどうなったかというと「計るのに1週間かかってます」と。
プルトニウムは22時間で計れるじゃないですかと上杉氏が問うと「計るのは22時間でできますがその後チェックして外部機関から戻ってきて数字を修正したりするのに数日を要した」と。
なぜ数字を修正する!?
9日前に計っているのはどうしたのか?発表しないのかと問うと「今準備をしています」
・・・・・すべてがこんな調子だったようです。

詳しくはこちらを→http://uesugitakashi.com/?p=721

プルトニウムというのは、飲んでも大丈夫とか塩より安全とか言っている人もいますがトンデモナイ。
細かい粒子で、ひとたび肺に取り込んでしまえば、永久にアルファ線を体内で発し続ける。
場合によってはほとんど肺がんになる。
だからプルトニウムについては、防護服もマスクも2重にするという規定があるのです。
なのに東電や保安院は、プル満載の現場で作業員に規定の防護服を着せていなかった。理由は「その時点でプルトニウムは発見されていないのでやってません」
もう口あんぐり状態ですよ。

放射線量の低い南相馬市(飯館村の1/8)で、枝野さんがなぜかフルアーマーの重装備だったのを思い出して。
知っている人はちゃんと知っていたのです。
http://www.youtube.com/watch?v=I42g843fngw&feature=related


プルサーマルの3号機が水素爆発した日、その噴煙が300m以上高く舞い上がったといいます。
それが上昇気流に乗ってどこまで飛んで行ったのか。
シアトルやハワイやマリアナ諸島のエア・フィルターからも検出されていると。

日記をひも解くと、3月15日ころ、周りの20歳代の若い人たちの間で咳が止まらないという症状(熱はなくあっても微熱、喘息とも違う、他に症状なし)が蔓延したことがあった。
なんだろうねおかしいねと言っていて、年寄り(私含む)には全くその症状がなかったため、若者だけがかかるアレルギーかしらなんて言っていた。
その頃うちのムスメは簡易マスクをして登校させていたのだが、春休み直前だというのに風邪でお休みしている子が異様に多かったという記憶がある。
花粉かもしれない、早めの黄砂かもしれない、願わくば「もっと違った何か」でなければいいのだが…。





関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)