明るみになってきましたね、日本の陰謀が。
何って、鉢呂経産相辞任劇です。

大臣になったもんだから、はしゃいじゃって思わずあんなコト言っちゃったんじゃねーの?と書いてあるブログも拝見しましたが、事実はそう単純なものではないようだ。


鉢呂経産相は、野田総理の原子炉の新規立地はしない、耐用年数が来たものは確実に廃炉にするとの方針を着実に進めようとしていたし、それを実現するためのかなり大胆な人事を考えていた。
経産省内外の抜擢すべき人物の発掘を多方面に依頼していたし、ガンとよばれる幹部の異動も考えていたふしがある

河野太郎ブログ「ごまめの歯ぎしり」より)


ジャーナリストの田中龍作氏も「死の街発言は記者クラブによる言葉狩りではないか?」とみている。
辞任の記者会見で「説明しろって言ってんだよ!」と、得意絶頂のあまりヤクザ言葉で鉢呂氏に答を迫る記者もいたと。

社会人としてもお粗末な連中だが、「藪の中のオフレコ懇」と「言葉狩り」で国務大臣の進退をも左右することが可能なのである。記者クラブが国を滅ぼすことを確信した会見だった。

 小沢一郎氏の例が物語るように記者クラブと官僚の目障りになる政治家は陥れられる。鉢呂氏の場合「脱原発と反TPP」が、記者クラブメディアと官僚の機嫌を損ねていたことは確かだ。

「田中龍作ジャーナル」より)


妄想記者が発した捏造報道…というのが真相か。たったひと言が、さながら伝言ゲームのように変化していく。小学生かっ
読売「ほら放射能」、朝日「放射能をつけちゃうぞ」、毎日「放射能をつけたぞ」、日経「放射能をつけてやろうか」、産経「放射能をうつしてやる」、FNN「放射能を分けてやるよ」



この手口がまかり通れば、原発官僚が気に食わない大臣は誰でも即刻辞めさせることができるよね。
誰かがツイートでうまいこと言い表していた。↓

原発官僚や原子力ムラの後押しを受けた経産記者クラブが、一体となった揚げ足取りの蹴落としゲーム。


                  col31.gif



「死の街と言った人」ではなく、「死の街にした人」こそ糾弾されるべきだ。
大島自民党副総裁はこの発言について「深く反省しなければいけない」と言ったらしいが、よく言いますね。反省すべきは自民党じゃないんですかね。
福島を「死の街」にしたのは、誰なのだ?
官僚も経済も司法もマスコミも金でかかえこんで、原発にNOと言えない仕組みを作り上げたのはいったい誰なのだ?

河野太郎氏の言葉を拝借。
最終処分に関する法律を成立させたのは自民党政権じゃないのか?
保安院を経産省の下に設置したのも自民党だよね?
原発を環境法令の適用除外にしたのも自民党だろ?
原発をクリーンエネルギーと呼び始めたのは自民党?
昭和47年の覚書は自民党政権時代のものだし、いい加減な電力自由化を行ったのも自民党でしたよね確か?
だから重要な情報が「企業秘密」として隠蔽できるシステムができたんだよね?
ぜんぶ自民党のせいだよね?


おみゃーらが甘い汁を吸うために、国民の目を欺きながら年月をかけて作ったこの腐敗構造が、福島を「死の街」に追いやったのですよ。
そこんとこ国民は忘れてないのでヨロシク!




うるさいおっさんさんのポスター。(「脱原発ポスター展」より)
tumblr_lqrx7pJazs1qi1yrpo1_400.jpg

                  



さて、今日はデモ日和ですね♪
私そのために休みとりました。
近々大地震が来るとか来ないとか言われていますが、それでもし死ぬとしても、やるべきことはやっておく!と決めたので、行ってきます。





関連記事
スポンサーサイト