ムスメと私の会話。


ムスメは報道委員。今日の委員会の集まりで面白いことがあったと話してくれた後に
私「…ところで報道委員って何を報道するわけ?」
ムスメ「……ほうどう?ほうどうって?⊙▃⊙」
私「あなた報道委員なんでしょ?ま、まさか報道の意味、知らないとか?」
ムスメ「ほうどうって、パソコンを分かんない人に教えるってことだよ。あと今日はパソコンは使えませんってみんなに知らせるとか。」
ここの報道委員会はパソコンを管理する委員会のようです。



私がある作家さんの本を読んでいた時、著者名を見たムスメが
ムスメ「ああっ!その人死んじゃったよね確か。」
私「え?まだ生きてるけど…?」
ムスメ「病気だったんだよ!なんの病気だったっけー?えーっとハン…ガン…そうそう!ガンハイで。」
私「ガンハイ? なんじゃそのふざけた名前の病名は」
ムスメ「……あれ?あっ!!違った!!肺がんだった」



ムスメ「そうそう!S先生、パーマかけたんだよ!」(S先生は妙齢の女性の先生)
私「えっ?ホント?先生、彼氏できたんじゃない!?」
ムスメ「……(-。ー;) ママもおんなじこと言ってる」
私「(ギクッ)誰と?」
ムスメ「Tちゃんのお母さんもおんなじこと言ってた。」
……ムスメよ。オバチャンの思考回路はどれも似たり寄ったりなのだよ。



体重30キロのムスメが私の膝の上にドカッといきなり座ったので
私「痛たたたーーーっ!お腹の赤ちゃんがつぶれちゃうーーー!」
ムスメ「え?(目を輝かせて)赤ちゃんできたの!?」
私「………へ?…ああ、うん(大ウソ)」
ムスメ「…( ̄ω ̄)ふーん。……パパと大して仲良くないのにね」
私「ぎゃふん!」




…こんな感じで生きてます。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)