山本太郎さんがスカパー特別番組で小倉智昭さんと加藤浩次さんを問い詰める




山本太郎さんが言っていることは、正論だよね?
小倉さんと加藤さんの横で、山本さんだけがマトモに見える。

彼が何を言っているかというと、地上波の報道姿勢を批判しているわけです。

山本「おそらく局側がブレーキをかけているのではと思います」
小倉「手元に入ってくる情報が、東電や政府の発表しかないから…」
山本「でもそれを流すだけっていうのは、報道機関としてどうなのかって話。オリジナルの取材はしているのか? どこまでいってるのか? 例えばこんにゃくゼリーや、ユッケ問題にはものすごく叩くのに、放射能問題の被害に関しては、これだけ放射能まき散らして、いろんなところに迷惑をかけて、その先の健康被害まで考えられるのに、そのことに対して追求しているかってことです。それをもって公平な報道と言えるのか?もしかしたらっていう部分には踏み込んでいるのか?」
加藤「いや、踏み込んでる取材もなかなかスタッフの人数も出来ない部分もあるんだけど、やってることはやってる。ただそれは、もしかして違うことは言えないんだよ!」
山本「ただ仮定として、それは届けるべきものですよね。それが報道の使命じゃないですか?ひょっとしてこういう角度もありますよということをセットで流さないと。ただ国が垂れ流す、電力が垂れ流す情報のみを世の中に流すんだったら、そらもうあれですよ、御用局ですよ。もちろん現場のテレビマンは頑張ってますよ。その中で良心の呵責と戦いながら、本当はここまで流したいけれどもやっぱりそこはブレーキがかかっている分ここまでしか流せないっていう部分と戦ってると思います」
小倉「(中略)どうしても僕らがいけないと思うんだけど、バランスというものを考えちゃうんだよね」
山本「でもそのバランスのために、たくさんの人々が、高濃度汚染地域に住まわされているんですよ」


お見事。論破している。
バランスを言うのなら、いくら政府が安全ですと言っても、チェルノブイリのデータを集めるなり専門家(御用じゃないよ)に取材するなりして客観的に事実を流さなきゃ。現に住民は毎日不安におののきながら生活しているわけだから。
報道の使命とは何ぞや?


     1.gif


マスコミの程度が知れる例を一つ。
このニュースをじっくりとご覧あれ↓

内部被ばく検査で男児2人が2.5ミリシーベルト以上
http://www.minyu-net.com/news/news/1021/news8.html
(情報元:福島民友)

転載開始ーーー

県は20日、東京電力福島第1原発事故を受けて実施している県民の内部被ばく調査で、新たに9月1~30日の検査結果を発表、最大値は、双葉町の4~7歳の男児2人が70歳までに受ける線量の2.5ミリシーベルト以上~3.5ミリシーベルト未満だった。県は国際放射線防護委員会(ICRP)の勧告で、平常時の被ばく線量の基準が年間で1ミリシーベルトと示されていることなどから、「健康に影響の及ぶ数値ではない」としている。
 県は、6月下旬から計画的避難区域や警戒区域などに指定されている市町村で内部被ばくの検査をスタート。検査では、成人が50年間、子どもは70歳までに人体に受ける累積の内部被ばく線量を推計している。
(2011年10月21日 福島民友ニュース)


ーーー転載終了



これ意味分かりますか? 私がバカなのでしょうか。まったく理解できなかったのです。
なので他所のところでもこの事について書かれた記事を探して見てみましたが、どれも似たり寄ったり。
それでもなんとか、インターネットという武器を駆使して集めた情報によると、どうやらこの双葉町の子どもの2.5ミリシーベルトというのは「預託実効線量」というものだそうです。そんなん聞いたことあります?

このまま寝るのはクヤシイので、いろいろ調べてみたところ、ざっと次のようなことが分かってきました。
まず、この子どもの預託実効線量の数値自体があまり当てにならない数字であること、もともと預託実効線量の安全基準はないということ、なのに何をもって福島県が「健康影響はない」と言ってしまったのかというと、政府が子どもの年間被曝量の目標を「1ミリシーベルト未満」としていることが理由らしいこと、でもその年間1ミリシーベルトというものも、内部被曝を考慮しないICRPの基準であること、実際は食品からの被曝や検査日以降の追加被曝なども考えると、絶望的に高い数値になってしまうということ………。


    2.gif


……ね?
ニュースの字ズラだけ読んで「あれ?」と思い、その記事の事実を詳しく知るために、さんざんネット徘徊して情報を得なきゃいかんのですよ。この時間を返せと言いたいわっ
数字をさらっと言われると、普通はすぐに頭が回らないから最後の「健康影響なし」だけ理解して「ああ良かったんだ」で終わってしまう。「預託実効線量」一つとっても説明が必要なのに、それすらない。不親切極まりない。
いくつかの情報を集めてやっと内容が理解できるようなニュースって何なの?これではうちの高齢の母が理解するなんて不可能に近い。
この記事書いている記者自体が内容を理解していないのでは?という気さえしてくる。
県の発表をそのまま記事にしただけだから、こういうことが起きるのでは?

でも裏を返せばよ?
何の専門知識も持たない地方の一主婦が、ちょっと努力すればこれだけの情報を集められるわけですよ。
どうしてそれをちゃんと記事にして下さらないのか?
どうでもいいニュースなら構わないですが、これ、どうでもいい内容じゃないですよね?子どもの命がかかっている話ですよね?どう考えても宮崎あおいの離婚より重要でしょ?違います?

2.5ミリシーベルト自体も、べらぼうに高い値であることは間違いありません。しかしマスコミはその数字のトリックを見抜くべきでしょうな。
そしてやるべきことは、その子は今無事なのか?体調を崩したりしていないか?今すぐ避難させなくて良いのか?県や政府の認識・対応はこれでいいのか?……etc、etc。


…ったく、報道の使命って、何なのでしょうね?(ため息)

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. みつき | qx6UTKxA

    こんにちは。

    以前、ざざサンのボッサ本棚で「良心をもたない人たち」を見つけて読みました。
    わたし以前、「良心をもたない人」に関わっちゃったことあるんで。
    「あれ?ワタシが間違ってるのかな」
    とか思うんですよね。
    もう2度と彼女と関わりたくない(実はそういうわけにはいかないけど)と思うし、
    距離をおこうと思ったものでした。

    ・・・なんかあれですよね。
    「国」が、「福島県」が、「マスコミ」が。
    「良心をもたない」人たちですよね。
    たまに、「あれ?放射能が危ない」なんて言ってる自分が間違ってる?
    とか思えてくる。
    (まァワタシは声高には言えない臆病モンですけどね)
    このデカイ「良心をもたない人」たちに関わらずにはいられないので
    ワタシたちはこれからずっと、
    ずっとずっと、気が長くなるほどずっと、
    国や東電が疲弊して情報政策できなくなるまで、
    セコセコ自分で情報収集していかなくちゃいけないんだなあ。
    と思うと、
    ほんとその時間、返して欲しいと思います。

    自分の記事の宣伝にもなっちゃってゴメンナサイ。
    もしお時間あれば、
    本屋とかで「通販生活」最新号をご覧あれ。
    3月13日「チェルノブイリでいつも持ち歩いていた放射能測定器が、はじめて振りきれた」
    「測定器が壊れたのかと思ったが、友人の測定器も振りきれた」
    「彼らは町が危険な状態になっていることを誰にも知らされず、被ばくしていた」(P146)

    実は最近、ブログに原発関係載せるのはやめようかと思い初めていたんですが、
    ↑この記事と、
    ざざサンが書いている↓下の記事を観て考え改めました。
    日本政府もマスコミも。あまりのことに、吐き気すらします。

    ( 06:31 [Edit] )

  2. ざざ | -

    >みつきさんへ♪

    確かに、東電の幹部とか園田政務官の発言とか聞いていると、この人たちって実際そこで人が死んでいるのに、どうしてこれほど無関心でいられるんだろう?と不思議に思います。
    個人的に一杯やりながら話してみると、本当は違うのかもしれない。
    山本太郎さんがテレビマンのことをそう言い表したように、本当は「良心の呵責と戦って」いるのかもしれない。
    でもね、本当はこうなんだけど事情があってできないのよーなんてオフレコで流したとしても、そんなの意味がないですよね。公の場できちんと本当のことを言わなければ、あとでどうこう理由をつけたって結果は同じ。

    私の周りにもいます。「良心をもたない人たち」が。
    そういう人と距離を置いて付き合っていくのは大変ですよね。
    時々おかしいのは自分か?と不安になる(確かに!)けど、それもサイコパスの常套手段なんだとか。
    25人に1人っていったら、そのへんにゴロゴロ居そうですよね。
    それとも霞ヶ関に集中しているのかしら???


    「通販生活」・・・今度見てみます。
    確か帯の「原発を語る時」でしたっけ?あれは読みました。ジーンときた。
    ああいう大衆が目にする紙媒体に原発問題のことが書かれるってコトは、すごく大きいことだと思います。もっともっと頑張ってもらいたいなー。


    > 実は最近、ブログに原発関係載せるのはやめようかと思い初めていたんですが、

    みつきさんのスタンスはとってもいいと思いますよ!
    私みたいにガツガツ原発記事載せるのはどうかと思うけど(苦笑)、みつきさんのブログは何を書いてもその魅力が変わらないところがスゴイと思う。
    むしろ子育てしているのにこの問題にスルーしているほうが逆に不自然なんじゃないかなぁ。
    このブログなんか、もうカテゴリーでも原発が100いっちゃいそうですよ。
    こんな事態になるとは思わなかったなぁーーー^^


    コメントありがとうございました^^
    安心して子育てできる世の中にしていきませうー。

    ( 09:22 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)