暖かくていいお天気。おまけに仕事も休み♪
こんな日に私がすることと言ったらただ一つ!庭仕事に決まっている ☁ ☝ˆ~ˆ☂
今日は珍しく夫も出てきた。
私には出来ない作業…例えば、脚立を使っても届きそうにない部分の木の剪定とか、2階まで届く緑のカーテンの土台を撤去することとか、柿をもぐとか…を早速お願いした。


DSCF2609.jpg


うちの庭の柿の木は、ほぼ放ったらかし状態のわりにヘタムシやイラガのような害虫はつかず、毎年けっこうそれなりの柿の実をつけてくれる。調べてみたら、春につぼみを取らなくてはいけないそうだ。そんなことも知らず、毎年今頃干し柿にするために柿をもいで、テキトーに剪定しておった(汗)。柿の木にしてみれば「おいおいおい。もぐだけもいで後は放置かい?ちったぁ世話してくれよ」てな感じだったのかもしれない。今日はやっと正しい知識を仕入れたので柿クン、生まれ変わったつもりで君を世話させてもらうよ。


今日の収穫は、これ↓ エルモも大喜び♪

DSCF2641.jpg


あおに柿を剥かせようと思ったがあいにく不在だったので、干し柿作りは明日にした。

今日やったこと。
・ブッドレアの剪定
・名前の分からない木の剪定
・コニファーの枯葉取り
・バラの伐採
・緑のカーテンの撤去とゴーヤと朝顔のつるの除去
・ラベンダーを丸くかわいく剪定


気づいたら二人で会話もなく黙々と作業していた。
木の剪定を始めると、だんだんハイになってきて止められなくなる(この現象を私は「剪定ハイ」と呼んでいる)こういう時は剪定のし過ぎに注意しないと、木が丸坊主になりかねない。これからの季節はただでさえ落葉樹の葉も落ちて、通りから庭が丸見えになるから……って分かっていたのに、気づいた時には、時すでに遅し。剪定ハイのおかげで結局殺風景の庭が丸見えの悲惨な状態に……щ(゚Д゚щ)

南向きの庭ってのは、手間がかかるんだよとオットがぼやいていたけれど、本当にそう。
この家の歴代の住人たちも、苦労しただろうなぁ。
半日頑張ったけれど、大人が二人かかっても、作業の半分も終わらなかった。
切り落とした枝をまとめるのも大変な仕事だ。ひきちガーデンサービスの曳地 トシさんだったか、庭師の仕事はほとんどが「掃除」であると言っていたような。言い得て妙。今日の私はほとんど、落ちた枝を拾ってカットして剪定袋に入れるだけのことしかしてないもの。合計5袋も詰めました。すごいゴミの量。
言い換えれば、ウチの中を掃除するように、庭を掃除するんだものね。
1ヶ月近く放っておけば、それなりのゴミも出るわけだ。


さて明日は「わたし、干し柿つくるの得意!」と言っている小さな人と一緒に干し柿を作ろうか。
皮を剥くのはお任せして、私は丸見えになったサビシイ庭から視線をそらすため(笑)、ベランダに吊るす特大のハンギングでも作ろうかしら。カラフルなお花を使ってね。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)