群馬大の早川由紀夫教授が、ツイッターの発言に対して学長から訓告を受けた件。
ひと言言いたいので、吐き出してから寝ることにしよう。


あの日、原発が水素爆発を起こした瞬間から、東電と政府は必死になって事故を小さく見せようとし、ウソの情報を流し続けた。そのため多くの人々がしなくてもいい被曝をした。
メディアではいろんな専門家の人たちが、半径20kmだの30kmだの、いやいやそれでは足りない50km圏内は避難すべきだの、いろいろなことを言っていた。テレビ画面には、ふくいちを中心とした半径20kmや30kmの色分けされたキレイな円のイラストばかりが映された。
放射性物質がそんなキレイな円を描いてジワーッと広がっていくとはさすがに思わなかったけれど、どこからどこまでが危険なのか、ここに居ていいのか逃げるべきなのか、正確な情報をメディアは教えてくれなかった。
SPEEDIもなぜか肝心な時に、その姿を現さなかったからね。

そんな時にいち早く、放射能拡散予測マップを作って公開してくれたのが、早川先生だ。
記憶をたどる限り、あの時期あのマップ以外に放射能汚染地図はなかったように思う。
あれを見て私は、ふくいちから遠く離れた一関や東葛地方の汚染度の高さに愕然としたんだもの。
放射性物質が、山や谷や風や雪や雨でどのように運ばれ、どこに降り注いだのか。
まさに私たちが当時、ノドから手が出るほど必要としていた貴重なデータだった。
持ち歩きできる「お買い物マップ」も、この上なく便利なものであった。
先生が惜しげもなく公表してくれたデータのおかげで、命を救われた人だっているかもしれない。(いや実際いるだろう)
つまり、それくらい早川先生の功績は偉大だということ。
群馬大はこの早川先生の活動を阻止しようとするのではなく、むしろバックアップしてもいいくらいだ。
なのに、訓告・・・。
まぁこれはツイッターでの問題発言に関してのことらしいが、この一連の騒ぎで早川氏の活動に影響が出なきゃいいが…と、それだけが気がかり。


020l.gif


さて、そのツイッターでの暴言について。
「サリン」だの「オウム信者」だのの発言は確かに過激だが、その単語だけが一人歩きしている感は否めない。前後のやり取りを見れば分かる。早川教授の言っていることは至極マトモだ。「議論しているヒマはない」から敢えて過激な言葉を選び伝えようとした…というのは穿った見方か。


「(消費者が農家を責める、農家が行政を責める、行政が東電を責める。こういう図式だ。毒を食わされた消費者がいきなり東電を責めるのは手順をいくつも飛び越してる。そういう頭越しは、社会システムの中で採用されない)」

「毒入りの農産物をつくった農家が、第一義的に悪い。」

「毒コメの流通を阻止するためには、この段階では生産者に直接言うしかない。青刈りだ。」


この意見に対して、じゃあ福島の米を食べなければいいじゃないか、という意見。
汚染米は、出荷されたらどこへ行っていつ自分の口に入るか分からない。この国では他の地域のお米と混ぜれば、福島産米の表示は不要らしい。
汚染米は安く買い叩かれて、全国に運ばれ、ブラック外食チェーン店や(考えたくないが)おそらく子どもたちの食べる給食などに使われる。私たちが「食べない」という選択は事実上不可能。
だから、汚染地で米の作付けをする人がいる以上、半永久的に私たちは汚染米の恐怖に怯えながら生きていくしかない。


福島には安全な米もあるんだ、風評被害だという意見。
あの知事が安全宣言して、流通して、そのあとセシウムが出たと報道された。
次から次へと、信じられない数値も出た。
これで信じろというほうが無理。流通しているお米全部をきちんと検査したのか?たぶん答えは…。
だから無理なのだ。愚かな首長をもったおかげで、順序を間違え、悲しいかな安心も信用もぜんぶ失ってしまった。真面目に生産してきた農家も、これで一緒くたにされてしまった。
本来なら、汚染しているのかしてないのか分からないようなお米を、流通させるべきではなかった。つまり、先生のおっしゃる通り、作付けはしてはいけなかったのです。


023l.gif



農家の人は被害者だ。
でももし(米を)作ったら加害者になってしまうのだぞと。

それと、無駄な除染にお金かけて、意味ない被曝して(作付けする人の健康だって害されるんだ)暮らすより、
お米を作れなくなった農家の人たちを救済する方法をみんなで考えたほうが、ずっとシンプルで理にかなっていると思うけど違うかな?

だってこれからもずっと日本中の人に疑われながら、悪徳業者に安く買い叩かれながら、そして良心を痛めながら、家族には食べさせられないようなお米を出荷し続けるのって・・・しんどくないですか?

住んでいる土地や仕事や共同体から離れて、新たな人生を始めることは、並大抵のことではない。でも不可能なことでもない。(と私は考えるが、これは強者の論理なのかなー?)
でも少なくとも、自分の周りは何も変えずに今まで通り暮らしたいというのが、汚染米を全国に流通させても良い理由にはならないような気がする。
どんな事情があろうと、他人の健康を害する食べ物を作ったり売ったりするのはイケナイことでしょ、だって。




DSCF2791.jpg


自分がちっぽけに思える夜。。。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks