子どもたちの声を聞こう。
まず最初は、11歳のバーク・ベア君から。
彼はたった11歳ですが、我々の食料システムは間違っていると指摘しています。
その上で、自分が何をしたらいいか、今後どうしていくべきかを簡潔に分かりやすく述べています。




日本語訳付きの映像はこちら↓
http://www.ted.com/talks/lang/ja/birke_baehr_what_s_wrong_with_our_food_system.html



お次は、中学1年生の書いた作文を紹介します。
福島第一原発事故をキッカケに、原発が電気を起こしている仕組みから、発電コスト、原発と地震の関係、内部被ばくのことなど、自分自身で本やネットで調べたり、取材したことをまとめています。
原発がないと電力が足りなくなると未だに思っている方、中1の子どもでさえ、自分で調べようと思えばすぐに事実に行き着くのです。
情報をあまりにも「人任せ」にし過ぎてはいませんか?


中1が書いた作文「原発はいるか、いらないか」
http://blog.goo.ne.jp/banbiblog/e/3566551d49fc28b5dfcb648912e28ef7

(引用元:バンビの独り言)



次は、福島の子どもたちの「思い」です。
「いつになったらほうしゃのうは、なくなりますか?僕は大人になれますか?」
「わたしはふつうの子供を産めますか?何さいまで生きられますか?」

「安心して暮らしたい」福島の子どもが政府に訴え




脱原発世界会議での富塚悠吏(小4)君の素晴らしいスピーチです。
「国の偉い人たちに言いたいです。大切なのは、僕達の命ですか、それともお金ですか?」




子どもたちは、物言わぬ羊ではありません。
しっかりとした情報をあげれば、自分の頭で考えられる生き物です。
本当のことが当たり前のように知らされない状況に、とても不安を抱いています。
私は大人として言いようのない責任を感じています。


最後に。
私の尊敬してやまない15歳の少女・藤波心さんの2.11脱原発アクションin東京での名スピーチです。
これだけのスピーチを何も見ずに、ハッキリとした美しい声でできる中学生がいるのです。
あえて英語字幕の映像を。
美しい歌声による「ふるさと」を、外国の方にも聞いて欲しいです。







436598087_convert_20120229163500.jpg
ネットで拾った画像です。
経産省前での座り込みテントの前に掲げてあったキルトと記憶しています。
このキルトの絵が、いつも頭の片隅にあって、私を奮い立たせてくれているのです。

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    ( 08:39 )

  2. ざざ | -

    >鍵コメさま♪

    細々とですが更新してます笑。
    年のせいか、季節の変わり目なのか、それとも放射能なのか分かりませんが
    体調がイマイチで、なかなかPCに向かう元気がないのですが、書きたいことは山ほどあるので無理せず少しずつ吐き出していこうかと。

    お目汚しにしかなりませんが、今後とも宜しくお願いします♪

    ( 10:41 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks