冷えとりを始めて ちょうど1週間が経ちました。
まだ効果のほどはよく分かりません。(当たり前か)

靴下を5枚重ねて履き始めた驚いたのが、足がとても冷たく感じたことです。
こんなに履いているのに、履いていない時より冷たい!何でだろ~何でだろ~?と思っていましたが、ちゃんと本に書いてありました。
私の足はそれだけ冷えていたということ。
冷たく感じたのは、「感覚が正常になってきた証拠」だそう。
冷たくなっているとも知らず、ただ冷えを放置していたなんて、人間の身体というのは不思議でありまたやっかいなものですなぁ。


今では外から帰ったらすぐに靴下を履くようになりました。
とにかく「履いていないとなんだか落ち着かない」状態になっています(苦笑。
ですから本当は、家の中と同じように外でも靴下を履いていたいのですが、ここで問題が…。
ひと回り大きくなったサリーちゃん足の入る靴がないっ!


大きめサイズのトレッキングシューズは、ヒモを緩めれば何とか履けます。
しかし、あとの靴はすべてアウト。
毎日トレッキングシューズを履くわけにもいきませんので、新しく靴を新調することに決めました。すべては靴下を何枚も重ねて履きたいがために。

私の愛用するビルケンシュトックなら、ワンサイズ大きいものなら履けるのではないかという甘い期待とともに、お店に出向いた私。




いやぁ~、実際にデカ足のままお店に行って、試し履きしたほうがいいですわよ奥さん!
元の足が23.5cmだから、24.5か25cmの靴を選べばいいんでない?と軽く考えていた私がバカでした。

問題なのは、つま先から踵までの長さ…なのではなく、
足の横幅…なのですよ。
店員のお姉さんが懇切丁寧に説明してくれましたが、ビルケンのレディースも、すべての商品にナロー幅(幅狭)とノーマル幅(幅広)が揃えてあるわけではなく、ものによっては39サイズからだったり38サイズからだったり。
カラーも限定されたりして、選択の範囲は限られているのです。


申し訳ありませんとデカ足を差し出し、いろいろ試した結果、私は38サイズの幅広…ということが分かりました。
そのサイズですぐお持ち帰りできたのが、写真のアリゾナだけでした♪
今の季節まだ寒いですが、贅沢は言っていられません。
外出するのにいちいち靴下を脱ぐのはもう面倒くさいのでっ。

たぶんお姉さんは、ギプスでもしているのかしら(両足に?)と思ってくれたと思います(笑)。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks