野口のタネさんからタネが届きました♪
ぜんぶ固定種の野菜のタネです。




さて、タネを買ったからには蒔かなきゃね。
・・・で、どれをいつどうやって・・・?


さて困った。
シロートは、本当に何も分からない。
タネなんて適当に蒔けばいいのよ…なんて言ってくれる人もあるが、その「適当に」すら加減が分からない。分からないったら分からない。
せっかく固定種の野菜を育てるって決めたし、もし芽が出なかったら野口さんに申し訳ない、貴重なタネを私が無駄にしたなんてことになったら大変だーなどと考えると、嗚呼!責任が重くのしかかってきて タネをつまむ指が震えてしまふ。(←自意識過剰です)


説明書には、タネを蒔く大体の時期や蒔き方が大まかに書かれているが、大まかすぎて正直全然分からない(苦笑)。


発芽適温20℃…とあるけど、松本は今でも夜は10℃下回る。
昨夜なんて「霜注意報」が出たし。  (^▽^;)


それでも何とか自分流に蒔き終えてみて、水をやった後に
「水はポットの下から流れ出るか出ないかくらいで、やり過ぎないようにする」
なんて記述を見つけ、お尻から水をぼたぼた垂れ流しているポットたちを見つめて、しばし呆然としてみたり。

「初めてキュウリをタネから育てる人は、ポットでなく直播きのほうが上手くいく」
という記事も、私を不安のどん底に突き落とす・・・。
ぜんぶポットにしちゃったよぉーーー。


               i5.gif


それでも、朝はポットたちを外に出して陽に当て
夜は気温が下がるので家の中に…と、せっせと世話をしている私。
ものすごい過保護です。




〈おまけ〉
tumblr_m1new1qXqI1qi1yrpo1_400_convert_20120513183827.jpg
kwanさんの作品。日本の命運をかけたファイナルアンサー。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks