ここ最近ずっとブルーでした。
家の中で一番寒い北側の6畳間で、恐ろしいものをみてしまったのです。


ソレを見てしまってからというもの、頭からその映像が離れず
仕事中も思い出してはどよーんと暗い気持ちになり、落ち込みました。
芸人の生活保護問題など どーでもいい。
今の私とっての大問題は、あの6畳間に潜む恐ろしい物体Xへの対処法だけだ…。


その物体は、声も出さず、動き回ることもせず、もちろん匂いもなく
緑や黄色や白色をした身体を ほわほわとした綿のようなものでまといながら
静かに、ひっそりと繁殖していたのです。
私の知らない間に・・・。



・・・・・というわけで、味噌にカビが生えましてー♪
4月の頭に仕込んだ、うみたまの塩を使ったゼータクな例のお味噌です。

お味噌仲間さんから、味噌がカビている!という情報が入り、
おそるおそるフタを開けてみると・・・・・・

2157_convert_20120605144508.jpg


・・・そのままぱちんとフタを閉めました。
だって、その絵づらたるや、ものすごかったんだもーん。



そして今日ついに、その物体(カビ)に正面切って挑んでみました。

まず、表面のカビをスプーンで残らず削ぎ取る!
おどろおどろしいカビも、その恐ろしいのは表面だけで、意外とキレイにぱかっと取れました。
P6051824_convert_20120605140320.jpg


この瞬間から私は肉眼で見えるものしか信じないことにしたので、「カビはきれいさっぱり取り除けた」と判断し、次の工程に。
まず長めに切ったラップを十字に重ね、さらにもう一枚重ねて3重苦に。
P6051825_convert_20120605140334.jpg


次に塩を敷きつめて、しっかりと押さえ込む。
P6051826_convert_20120605140348.jpg


先ほどのラップで、くるみ込む。
P6051827_convert_20120605140407.jpg


ア、最初に容器のフチとか、見えている部分はアルコールで念入りに消毒しておきました。
奴ら(カビ)はとにかく「フチ」が大好きらしいですからね。


も一度フタと フチの部分をこれでもかっつーくらいに消毒。
消毒ババアです、ほんとに。
これで「塩蓋」の出来上がり。
P6051828_convert_20120605140422.jpg


念のために、さらに容器ごとビニールにくるんでおきました。
へへへっ。カビめ~。これでどうだ~。
P6051829_convert_20120605140436.jpg


ちなみに味噌に生えるカビは、全部が全部悪いヤツではなさそうで、
味噌によく見られる白いポツポツのカビみたいなものは、チロシンというアミノ酸の一種らしく、ぜんぜん問題ないそうです。

これはムスメが社会科見学で味噌屋さんから持ち帰った手作り味噌ですが、
白いカビのようなものが生えているけど、たぶんこれがチロシン(ざざむし断定!)
 ※心臓が弱い方のためにファンタジックモードでお送りします♡
P6051831_convert_20120605140449.jpg




最初のカビが生えた状態の写真を見たいって!?
ものすごい写真ですから、閲覧注意ですわよ。
ワイルドだぜぇ~!↓
P6051823_convert_20120605140507.jpg
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks