ときわ地這という名のキュウリ(近くの種苗店で購入)。
5月の初めに種まきして、ここまで育つのに1ヶ月。
本葉が出てきたので 1本立てにして、きのう畑に植えてきた。




マルチを張るだけ張って、苗も何も植えていないという不思議な畑で
お隣の畑のお師匠さんからも
「まあ、まずは苗を植えないとね」と言われ、
「そうっスねー!あははー!」と笑うしかなかったあの頃。

お師匠さん。私はついにやりましたよ!

P6131866_convert_20120613201918.jpg

どうです? このマルチを切り抜いた円の美しいこと!
カッターナイフのみで やり抜きましたぜ。
切って、掘って、水やって、ポットから苗出してぽこっと植えて、最後にお水をジャーッとな。
少し苗と苗の間隔が狭すぎるような気もするが、一応メジャーで測ってちょっきり44センチ!
(なぜ44センチなのかは聞かないで下さい。44にしたかった。ただそれだけです)


でも、家でポットで育てていた時は「寒くないかー?」「のど乾いてないかー?」と過保護すぎるほど大事に大事に育てていればよかったけど、こうして畑に出しちゃうと、なんかちょっぴり淋しい気分。


キュウリちゃん。。。
もう私は守ってあげられないけど、これからは自分の足で立って生きていくのですよ。
ううっ。


それにしても問題はこっち↓
P6131874_convert_20120613201935.jpg


ジャガイモの芽がちぃーとも出てきませんやん。
写真のこれと、あとはじっこに小ちゃいのがもう一つ。
植え方間違ってたんかなー。
あれ、ちゃんとタネイモだったよね?


もしジャガイモが空振りだったら、ここに何植えようかなー。
カボチャか、コリアンダーもいいなー。
本当はそら豆も植えたかったんだけど、もう遅いよね。


週末はオットを狩り出して、支柱立てに挑戦だぁーーー!!
昼間は晴れて、夜は雨が適度に降りますよおに^^
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks