奈良美智さんのイラスト。
次回のプラカード候補だ。
ちなみに この絵の使用については、奈良さん自身が自由に使って良いと6/17のtwitterで明言されています。↓

https://twitter.com/michinara3/status/214595613285814272



大飯原発がフル稼働、そしてそれと同時に最大8基の火力発電所を止めるというニュース。

関西電力は、電気が足りないから原発を動かすと言っていた。
それなのに、いざ大飯原発が動いたら、今度は大飯3号機の3倍以上発電できる火力発電を止めると言う。
15%の節電を呼びかけておいて、大飯が動いたから節電の要望を10%に引き下げると。
火力を止めるのに、ですよ?


原発を稼働させなくても、全然電気は足りていた…ということ。
しかも燃料費の高い(という)火力を止めるんだから、電気料金の値上げなどトンデモナイ話だ。
でもおそらく政府や関電は、原発は動かし、電気料金は上げ、節電という脅迫まがいのことを今後も続けながら国民を欺いていくのであろう。
単に、金儲けのためにね。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
関電は、先週から各家庭に「万が一の場合は計画停電を実施」というはがきを各家庭に送りつけてきています。顧客に「節電、節電」と脅しかけながら、やっていることは自社のもうけのための「節約」以外のなにものでもありません。しんぶん赤旗
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




「原発なくても電気は足りる」ということは、もはや証明済み。
関西電力が自ら
「電力需給と原発を動かすかどうかは関係ありません」
とはっきり言い切っているからね。
(エネルギー戦略会議4/24)


これについては5/3の「そもそも総研」という番組でくわしく放送されたようだ。
動画が削除されてしまっているが、全部書き出しがこちらにあるのでぜひ参照を。↓

「どうしても原発を動かしたい関西電力の裏事情」(そもそも総研5/3全部書きだし)
http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-1835.html

(情報元:みんな楽しくHappy♡がいい♪)



けっきょく、電力会社の利益のためだけに、原発を動かしたいわけ。
原発なしで夏を乗り切られたら困る人間が、わんさかいるわけよ。
そう、原子力ムラの人間たちね。
だから乗り切らないうちに、さっさとなし崩しに動かしてしまおうと。
日本人ならきっとみんなで我慢して節電して、簡単に乗り切っちゃうと思われるからね。
野田政府も、関電も、自治体の亡者たちも、
国民をだまして、脅して、どんなに反対されてもやっちゃえばそれでいいんだという…。
原発も消費税も、同じだね。
民主党は、もう金輪際マニフェストをかかげる資格などない。
野田もシロアリを退治するどころか、シロアリに自らエサやってますからねぇ。
道理なんてあったもんじゃない。
道理を引っ込めて無理を通すというやり方ばかり。バカの一つ覚えのように。
今後政治家がマニフェスト違反をしたら終身刑……という法律を作ろうよ。


             r636.jpg



それから。。。

この期に及んでまだ「原発を廃止したら日本はやっていけない」と思っている人へ。
分かりやすく素晴らしい資料を作って下さった方がいるので、これを読んでみて下さいな。
  ↓  ↓  ↓
原発がなくても 電力は足りる
http://twileshare.com/uploads/A4.pdf




原発が必要だという人は、反原発と言うと、「じゃあ電気は使うな」とか「パソコン消せよ」とかよく言うけれど、原発なくても電気は足りてるんだから、その指摘はおかしいね。
そう言われるとむしろ、原発なんて外部電源で火力とか使ってるんだから、あなたも電気使わないデネ♡とか言いたくなるわ。
ま、大人だから言いませんけどね^^



とにかく!
福島の小学生が10年後の自分に宛てて
「ちゃんと生きていますか?」などという手紙を書くこと自体、尋常じゃないってこと。

Fukushima kid’s letter to himself in 10 years “Are you alive ?”
http://fukushima-diary.com/2012/07/fukushima-kids-letter-to-himself-in-10-years-are-you-alive/



原発が要らない理由は100個くらい挙げられるけれど、
原発が必要だという理由は、たった1つも思い浮かばない。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks