うちのムスメは、さくらさくらんぼ保育の保育園に2年間お世話になりました。
年中から卒園までの最後の2年間です。

1歳までは、職場近くの自然保育の私立保育園にお世話になり、
2~4歳までの3年間は、東京都内の区立保育園に通いました。
仕事の関係や移住のためなど、園を変えてきたのは、いつも大人の事情(当たり前か)でしたが、その結果として、わが家は3つの保育園を体験でき、これが今考えると本当に貴重な体験だったなァと思うわけです。


015.gif


結論から言うと・・・・・
どの園も、それぞれ良いところがあるので、一概にここの園が良かった!とは言い切れません。


0歳の時は、少人数でほぼマンツーマンでベテランの保育士さんが見てくれるアットホームな保育園がありがたかったし、
年少時代を過ごした公立の保育園は、地域のいろんなタイプのお母さんや子どもたちと友達になれた上、システマチックな運営方法は、どんな親にもうまく伝達がいくよう細部まで配慮されていて、うっかり者の私のような親にはとてもありがたかったし
そして、さくらさくらんぼ保育園は、言わずもがな^^


014.gif



逆に言うと、保育園の善し悪しは、その家庭がどれだけその保育園と向き合っているか?にもよると思うのです。
最初っから何でもかんでも保育園にお任せ~♪では、きっとその園の良い点より気になる点の方が目について、不満も出やすくなるだろうし。
親が園に不満を持っていれば、子どもにもそれは伝わりますから。
そういうの、私は決していいとは思いません。


こう言っちゃナンですが、あんまり保育園に期待しないことです(苦笑。
「この保育園に入れたから安心」「この保育園に入れば将来才能豊かな人間になる」…なんてのは幻想。
どんなスバラシイ園に入れたって、家でテレビにお守りさせて、コンビニやスーパーの惣菜のみで食事を済ませ、スナック菓子を際限なく与えながら、夜中の10時11時まで夜更かしさせるような日々を送ってちゃあ、意味がないですものね。


あくまでも、基本は、家庭。


あたしの考え、間違ってますかね?



IMG_0408_convert_20120713150341.jpg
年中クラス(4歳)の頃 竹のぼり


というのはですねー。
最近立て続けに「さくらさくらんぼの卒園生ってやっぱり他の子と違いますか?」というようなことを何人かの方から聞かれたのですよ。

これから保育園に入るお子さんがいらっしゃる方や、今現在保育の現場で働いている方から。


うちのムスメは2年しか通わせていないのでさくらさくらんぼを語る資格などないのですが、それでも正直に感じたことを言いますと、卒園して5年、今のところ見たところあまり変わりません。
……すみません。正直すぎて(苦笑)。


違いが分かるのは、思春期を過ぎてからなんじゃないでしょうかね。
違いが出てくるのかどうかも、分かりませんけど。


確かに傍から見ていると、あの保育園に通っている子は、みんな身体能力が高いように思えるかもしれません。それは、事実。
毎朝雑巾がけとマット運動するのが日課ですから、鍛えられないわけがない。
それに加え、発達段階に合わせたリズム運動なりダンスなりを毎日の保育に取り入れているのですからね。
子どもの身体は、正直なんです。ちゃんと応えてくれる。


例えば、ムスメが習っている新体操の先生は「身体の柔らかさは一生の宝」だとよくおっしゃっています。
でもその身体の柔軟性も、毎日毎日の積み重ねがあってこそです。
選手クラスの子たちでさえ、一日でも柔軟をサボるとそれを取り返すのに何日もかかるんだとか。
要は「継続してこそ」なんですね。


IMG_1298_convert_20120713150501.jpg



さくらさくらんぼ保育園は、いずれ卒園します。
小学校に上がり、子どもの世界も広がっていきます。
親の知らないところで、子どもはどんどんいろんなことを覚えて、そして学んでゆく。


さくらさくらんぼ保育の基本を、家庭でも継続させていければいいのですが、
小学校に上がったとたん、女の子は髪を伸ばしたくなったり(保育園では基本短髪)、スカートをはいてお洒落したくなったりもします。
男の子はゲームに夢中になり、キャラクターもの(園ではキャラクター禁止)のカード集めに熱中したりします。
(私はそのこと自体は、全然悪くないと思っているのですがね^^)


小さい頃は誰もが神童。大きくなればただの人(苦笑。


しかし一方で、こんな風にも思うのです。


小さい頃にその時期にしか出来ないことをちゃんとやってきた子どもは、きっと見えないところで太ーい根っこが張っていて、それが大人になった時必ず力になるのだと。


・・・・・そんな希望は捨てていないし、その大事な根っこを枯らさないよう今でも私なりに考えてムスメと接しているつもりです。
そう見えないかもしれませんが(笑)。



図体が大きくなっても、◯◯(園の名)で泥んこで遊んでいた頃のように、
思いっきり身体を動かすことを 心底楽しむ気持ちを忘れないで欲しい。

大きく羽ばたけ! 君たちの未来は明るい!






関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. かな | -

    とおりすがり

    私はさくらさくらんぼ保育の保育園の卒園児でいま、29になりますが、今でも同級生と集まったりしますよ~!すばらしいですよね。私も子供をさくらさくらんぼ保育の保育園に入れたいと思って探していたらこちらにたどり着きました(笑)一生ものの宝ですよ!

    ( 11:22 )

  2. ざざ | -

    >かなさんへ♪

    そうですね^^
    一生ものの宝でした。

    あるお父さんが、大きくなって町のどこかで互いに知らん顔してすれ違ったとしても一生友達だよ…というようなことを卒業文章に書いておられて、とても感動したのを思い出しました。
    確かに、オムツをしていた頃からあれだけの濃厚な時間を一緒に過ごした仲間って、そうそういませんものねぇ。そういう意味でも、目に見えない大事なものをもらった気がします。

    かなさん、羨ましいです。
    私も子どもの頃、そういう保育園に行きたかったなァ・・・。

    コメントありがとうございました!

    ( 14:22 )

  3. |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    ( 01:14 )

  4. ざざ | -

    <鍵コメさま♪

    DM送りましたが、届いていますでしょうか?

    ( 00:00 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks