今、松本市立美術館で開催されている草間彌生展~永遠の永遠の永遠
入り口を入ると、いきなり身長10メートルの巨大なヤヨイちゃんがお目見え。




松本生まれの草間彌生(くさまやよい)というアーチスト。
ここに引っ越してきたばかりの頃、やはりこの美術館で企画展をやっていて、家族みんなで見に行った。
なんだろう。ものすごく惹き付けられた。
何とも言えないその草間彌生ワールドに。


DSC00168_convert_20120724081937.jpg


彼女は確か統合失調症だった。
あの独特の図柄やモチーフは、ふつうの人(少なくとも私には)思いつかない。
日常生活を送っている感覚で草間作品を見ると、なんじゃこりゃと思うのだが
じーっと見つめながら、心を無にしていくと、いきなりふっと作品が「見える」瞬間があるのだよ。
そこで怖くなって あわてて「こっちの世界」に戻ってくるという感じ。
きっと芸術家/草間彌生の目には、世界がこう映っているのだろう。


DSC00154_convert_20120724082217.jpg


DSC00179_convert_20120724082151.jpg


そう言えば、あかいつぶつぶスタイルでムスメとデモに参加した時、地元のギャルたちが写真撮っていいですかぁ!と集まってきたな。
あかいつぶつぶの意味をもちろんギャルたちは知らなくて、
「草間彌生さんのファンなんですかぁ~?」と言われたっけ。


            
           63.gif


ハガキの裏に書かれた草間彌生からのメッセージ。

 「あー、何ということでしょう!
 愛はとこしえと叫び続けてきたのに
 地震や津波や原発で人々は心を痛めている
 みんなの心をしずめて
 もう、傷ついた心や体に愛をもって
 新しい平和の時を築きあげよう
 みなさん、おおいに頑張って
 素晴らしい日本の歴史を
 美しく飾ろうではないか   2011年5月11日 草間彌生」



草間彌生展公式ホームページはこちら→
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks