雨が降らない。
いつから降ってないんだろ。
梅雨明けの声を聞いた日から、1滴も降っていないような気がする。
わが愛する畑は、40代のお肌のように、乾燥を通り越して砂漠と化している。
このところ毎日お水はやっているんだけど、すぐ干上がってしまうんだよね。


これは、山から流れてくる水。



冷たい上に水は澄んでいて、とてもキレイ。
ここに居る限り水には事欠かないなぁ。(この畑を選んだポイントでもあるんだけどね)
私の畑は、ありがたいことにこの水路の隣りに位置している。
だから水汲みはラクちん。


DSC00262_convert_20120728133520.jpg

水汲みは、このゴム製バケツが超便利♪
タブトラッグスっていうのかな。よく見かけるアレ。
写真のはSサイズ、14リットル入る。
Mサイズだと、さすがに水を入れると重くて持てないのでね。


これに液肥をうすーく溶かして、ドバーッと撒く。
撒くところは、畝と畝の間(つまり通路のことね)。
これもヒゲおやじさんのウケウリ^^


DSC00263_convert_20120728140538.jpg


このくらい大きくなると、もう根が通路の下にまで伸びているから
通路に水を撒くほうが効果的なんだって!


DSC00268_convert_20120728133543.jpg


液肥を規定より薄めに溶かして(大体10リットルのバケツだと計算しやすい♪)
1通路に3杯ずつ、撒きました。
外は32℃。。。。わたしはもちろん滝汗まみれ
もうこれだけでグロッキーでした。
これ以上の炎天下での作業は、生死にかかわるので潔く終了。


野菜たちが「ああ!水!水!」と言いながら、養分入りの水をゴクゴク飲んでいる音が聞こえたよ。

きっと農作業のあとに私がビールを飲むのと同じくらい嬉しい気持ちなんだろうね。
そう考えると、毎日お水をあげたくなるね。
最近は、朝晩の涼しい時間に畑作業をしたいがために、仕事をやめようかと考えているよ。
今いちばん欲しいのが「時間」だからね。
早くリタイアして、思う存分畑に専念したいなぁ。(笑)
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks