DSC00331_convert_20120806095546.jpg


1ヶ月経つのは早い。
もう8月になってしまった。
そして毎月恒例の あさこはうすへの手紙を出す日。これで5通目。

「あさこはうす」についてはこちらの院長先生の記事が参考になりますので読んで下さい↓
あさこはうすへ手紙を出そう
http://onodekita.sblo.jp/article/52201652.html

(院長の独り言)


              flower40.gif



福島での意見聴取会の映像を見ていて、ある小学校の教員の方のスピーチが実に的を得ていて感動した。


声を荒げるでもない。
脱原発!と声高に叫ぶわけでもない。
たどたどしい部分はあれど、淡々と落ち着いた声で話されているその内容は、
まさに福島に今住んでいて、子どもたちを見つめ続け、心から心配している人たちの気持ちを代弁したものだった。


外での活動は一切出来ず、暑い中プールにも入れず、グラウンドで思いっきり走ることも許されない子どもたち。
子どもが本来自然の中で、学ぶべき時期に、学ぶべきものが学べなかったことは、大きな過失であると。
子どもにとってのこの1年5ヶ月は、大人の1年5ヶ月とは比べられないほど重いものだ。
原発事故は終わってなんかいない。
原発は、今でも福島の子どもたちに多大な犠牲を強いているということを もう一度肝に銘じなければ。


病院のレントゲン室と同じくらい放射線管理区域内で、子どもも赤ん坊もみんな生活しているということ。
子どもがガラスバッチを身につけ、放射線量を測定されているということ。
「健康に影響はない」と言いつつ、子どもの尿にセシウムが出たり甲状腺に異常がみつかったりしているという事実。
そういう検査が定期的に学校内で行われ、子どもたちの健康異常に絶えず気を配っていなければいけないという事態。
これらはみんなとても異常なことなんだと私たちはもう一度再確認する必要があるのではないか。


              flower42.gif


電気って、そんなに必要?と、時々思う。
少なきゃそれなりに人間何とかなるモンなんじゃないの?って。


うちにはテレビがないと言うと、ひっくり返るほど驚く人がたまにいる。
ムスメが友達に「あおちゃん月9見てる?」と聞かれた時、ムスメが
「月9って何?うちテレビないから…」と答えたら、その友達が
「ひえええぇぇぇぇぇーーーー!テレビ買ってもらいなよっ!ねっ!ねっ!」
と言ったとか(笑。


テレビなんてなくても生きていけるよ。
捨てる前は「ないと困るかなー?」と思っていたけど、いざ捨ててみたらまるで困らなかった。
そんなモンだよ。
生きていくのに必要なものなんて、本当はそんなに多くないのさ。


日本で暮らしていると、トイレットペーパーがないと生きていけないように思うかもしれないけど(私も今ではそういう感覚になっているかも)、一歩外へ出ればそんなのなくたって全然平気。
てか、全世界の国でお尻を拭くのにあんなにキレイなペーパーを使っているのって、たった3分の1しかないんだよ。


同じくティッシュも全然要らなかったし(日本から持っていったのを1年半後そのまま持ち帰った)、ハンカチも要らなかった。
それより1枚の布があれば、身体を拭くことも出来るし、頭や顔に巻けば帽子やマスク代わりにもなるし、標高の高いところを走る隙き間風だらけのバスの車内では、身体に巻き付けて毛布代わりにもなる。


足るを知るって、やつかな。
持っている物で満足できる人が、本当の意味での豊かさを知っているのではないか。
ブータンの国王も似たようなことをおっしゃっていましたね。
人間誰でも、環境にすんなり順応する能力はあるのだよ。
持っているものを手放す勇気がないだけ。
電気が1アンペア落ちただけで、まるで江戸時代に逆戻りするかのように恐れているだけなのよ。
それがすっごく不幸なことだと、信じ込んでいる。(←問題はコレ?)
そんなことないのにね^^


              flower43.gif



キャンプ場にキャンプしに来ているのに、あっちのトイレのほうが紙が柔らかいだの、テントの周りにクモがいるだのギャーギャー文句を言っている高学年女子(ムスメ!おめーたちのことだよ)を見ていると、
こういう無菌軟弱人間は、一度裸のまんまインドのカルカッタの路上に放り込んでやろうか…などと思ってしまう。
中国の田舎のトイレに行ってみ!
たぶん地球上のどこででも用をたせる図太い人間になれるから(笑)。


福島の子どもたちを、正常な環境に置いてあげること。
汚れてしまった日本を、もうこれ以上汚さないように努力すること。
それも出来ないで、他の原発を動かすなんてトンデモナイ話だ。


子どもを犠牲にしてまで動かさなきゃならない原発を必要としている産業なんて、滅びてしまえばいいと思う。
そんな企業、この世から無くなったほうがいい。
地球のこと、下世話な言い方をすれば、いずれ重要なお得意様(消費者)になるであろう子どもの未来を考えられない企業に、未来は、ない。



DSC00310_convert_20120807102748.jpg

地区の子供会の夏祭りが絶賛開催中~♪なので(私が保護者の長なのだ。泣)、バタバタと忙しく、じぶんちの夕飯のごはん炊くのを忘れる。‷̗ↂ凸ↂ‴̖
もう、いっぱいいっぱい。
残り飯でチャーハン。こんなんで我慢して。(誰も文句言わないけど)
向こう側のムスメ作のサラダは、入ってる野菜ぜんぶ自家製です♡



関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks