今日は持っていった弁当を食べるヒマがなかった。
帰ってきて、キンキンに冷えたビールとともに(ああ!この状況をどれだけ待ち望んだことだろう!)食べようと思って蓋を開けたら 傷んでた。
・・・・・ま、こんなこともあるさ。


夜は、もう、肌寒い。
チランジアを屋内に入れようかと迷うほど、寒い。
今、靴下を5枚重ねて履いている。
窓もぜんぶ閉めた。
トーキョーは、まだ夜も暑いんだろうな。
ここは高原のような気候だ。
まだ緑のカーテンが出来あがっていないというのに、もう秋なの?


母親が仕事にかまけて、ムスメの夏休みの行事については、とんと把握しておらず
明日は6時に弁当もって集合だよと言われ、焦って用意を手伝う始末。
親がなくても子は育つって、本当だな。


でもこういう日々を送っていると、何か大事なことを置き忘れているような気になるんだよなあ。


P7032025_convert_20120811053758.jpg



ムスメの歯科矯正は、ヘッドギアに移行した。
ほぼ永久歯が生え揃う。
服は私と共用できるくらいに 上背が伸びた。
それでも「ちゃお」を愛読したり、ひと目のない所では、抱っこをせがんでくるあたり、まだまだカワイイなーと思ってしまう。


夕食時には、話題が自分についての話でないと、泣く。(泣き真似だが)
最近はお勝手の手伝いもするようになった。
母のボケに、ツッコミを入れる余裕もできた。
今は夏休みだが、学校が楽しくて楽しくて仕方がないと言う。
今のクラスは最高!担任の先生も大好き!
(親友の)Tちゃんと毎日会わないとさみしくて死んじゃう!とか言う。
それは、何よりだ。


小さい子の面倒を見るのが好きで、母はよくお礼を言われるぞ。
「優しいあおちゃん。チビといつもよく遊んでくれてありがとうねー」と。
もし本当の妹か弟がいたら、きっとうんと可愛がってくれたに違いない。
それでも「うち、一人っ子で本当によかったぁー」とか言ってくれる。
気を使ってるのかもしれないけど(苦笑。


一人っ子だから溺愛しているのではなく、
溺愛してるから一人っ子なんだ。

クドカンがそう書いてたよ。
うん、まさにその通りだね。


よちよち歩き始めたあなたを乗せて、毎日毎日仕事場へと通った自転車の子乗せカゴを
母はいまだに取り外すことが出来ません。
大きくなったあなたが、もう乗ることはないけれど、
雨の日も雪の日も、体調の悪い日もご機嫌な天気の時も
あなたがそこに乗って、保育園で習った歌を大きな声で歌ってくれたり、梅の花が咲いていることに気づいて教えてくれたり、「ままーだいしゅきー♡」といって抱きついてきたぬくもりなど あなたと共にあった思い出すべてが、消えてしまうようで怖いのです。


一人で出来ることが多くなればそりゃ嬉しいものだけど、
ごはんを食べること、トイレをすること、何もかも全部私(母親)の手がないと出来なかったあの頃ってのは もう戻って来ないんだなァ。


そのうち今度は、私がごはんの介助が必要になり、トイレも連れて行ってもらわなきゃいけなくなるかもしれないと思うと、悲しくなるから、あなたに余計な負担をかけずに済む方法を考えています。


あなたの人生が ますます輝く豊かなものでありますように!
あなたは私の自慢のムスメです。
そして、わたしは、世界で一番強力なあなたのサポーターでありたいと いつもいつも思っているのです。



関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. ジーン、ときました。

    ざざさん、こんにちは~!
    先日はコメントどうもありがとうございました

    ざざさんの娘さんは、とってもすなおで
    まっすぐに成長してるんだなぁっていうのがすごく伝わってきました
    きっと、ざざさん似なんだろうなぁって…♪

    >一人っ子だから溺愛しているのではなく、
    >溺愛してるから一人っ子なんだ。

    へー!クドカンさんの言葉なんですね!
    うちもおなじくひとりっ子で、まわりから「次は?はやくしないと!」とか
    「兄弟がいないとかわいそう。」などと言われ、言葉につまっちゃってたりするんで
    なんかジーンときました、ほんとその通りっておもいます

    冷えとりカテゴリーもたのしく読ませていただきました
    フーテンタイパンツ、すごくいいかんじですね☆
    あと正活絹にあんなきれいな色(青や赤)があるとは知りませんでした
    さっそくありそうなトコ、チェックしてみたいです

    また遊びにきますね、では♪

    ( 11:37 )

  2. ざざ | -

    >とりこさんへ♪

    おお!とりこさん、こんにちは^^

    >まわりから「次は?はやくしないと!」とか
    > 「兄弟がいないとかわいそう。」などと言われ、言葉につまっちゃってたりするんで

    そうなんですよね。もう私はさすがに言われませんけど(笑。
    一人っ子決定!となったときから、少しさびしいような気もあり
    今の状態でいいんだと思い込むために、クドカンの言葉を利用しました。うしし。


    冷えとりは本当にまだ初心者です。
    でも絹の靴下は気持ちがいい!←これだけはハッキリと言えるので、まだ続けていこうと思っています。

    これからも冷えとりの先輩として、またビールの美味しいおかずを教えてくださる先生として、尊敬するとりこさんに付いていきます^^

    遊びに来て下さってありがとうございました♪

    ( 13:40 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks