修造が、台所の出窓のわきに、料理しながら音楽(クラシック)が聴けるようこんなものを付けました。
こないだ壊れた液晶モニターの台座の再利用です。
これには思わず「いいね!」を押したくなりました。
facebookやってないけどw

DSC01842_convert_20121119035627.jpg


私がじーっと夜PCに向かって何やらやっている時に、手元が暗いのが気になるらしく
「40過ぎたら光は2倍!」
と言いながら、IKEAで300円ちょいで買ったライトを付けてくれました。




今年は5回くらい本気で離婚を考えたけど(ガチです)奴はこういう気が利くところもあるんだよね。
この「かゆいところに手が届く」的な便利さ故に別れられない私は、まんまと奴の策略に引っかかっているのだろうか。



          070.jpg



選挙にあたって参考にしたい資料↓

TPP交渉参加反対に関する国会請願の紹介議員・非紹介議員一覧

ちと老眼の始まった目にはキツいけど(笑)なるほど参考にします。
長野で言えば、下条みつ、羽田孜はTPPに賛成。

TPPは私たちの生活に直接かかわってくる問題だから 無視できない。
特に医療。(農業だと思っていましたか?)
日本のイランへの経済制裁の見返りに、アメリカのTPPにおける医療分野での日本への干渉がユルくなったと聞き、実は複雑な気持ちでいます。
日本とイランは友達ではなかったの?
一緒にアメリカの悪口を言い合うなら分かるけど、まさか自分の国がアメリカの手下になって友達の国に何かするなんて(しかもアメリカのご機嫌伺いのための外交政策のためだけに)思ってもみませんでした。


TPP問題は、日本がどういう立ち位置に自分を置くのか?が問われているのだと思います。
おそらくTPP加入賛成の方々は、アメリカに寄り添い、添い遂げようという気マンマンの方々なのでしょう。それとも中国と手を組んで、東アジア大共栄圏を形作るおつもりか?…いや、それはおそらくない、でしょうな。
アメリカを手を組むことで、生き延びようとしている日本。
そのためには、国内の弱者は切り捨てようという考えなのです。
はっきり言っちゃうと、貧乏人は死ね、ということです。
もともと多過ぎた人口です。
橋下さんがおっしゃるように、6000万人くらいが理想じゃないですか?と。
つまり、TPPで日本は、か弱き国民をアメリカ様の生け贄に差し出そうということなんですな。

かの政治家は、最終的には徴兵制導入を目論んでいるとかいないとか。
いいデスカ。
自分は絶対に戦争に行かされることはないと確信している老人たちが、憲法を変え、徴兵制を導入しようとしているのですよ。


今度の選挙は、私たちが何を大事に考えているのか、何を基準にして投票する人を選ぶのか?が、今まで以上にハッキリと示されるはずです。
民主党には裏切られた、自民党もイヤだけどそっちのがマシ…と考えてるアナタ。
その首の上にのっかってる物は何?
それを使って、今こそよーーーーく考えなきゃ。うふふ。



・・・・・今すごくノドが痛い。どうやら風邪をひいたらしい。
ブログなんか書いてるバヤイじゃなかった。
半身浴して酒飲んで寝ます。


関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. ぴろせ しのび | -

    修造さんやさしー

    私は今辻井伸行にハマりまくりです。久々心に染み入るピアノですね。
    吹奏楽をやってたから、じゃじゃーんっていう豪快な曲ばかりが好きなのですが、ムスメと聞くには刺激的すぎて。ムスメは辻井伸行をきくとかなり高い確率でぐっすりお昼寝ができます。

    選挙、悩みます。
    久々元長野県知事も見ました。あっ、まだがんばってらして・・・と思いました。

    ( 14:56 )

  2. ざざ | -

    >修造さんやさしー(←ときたまね)

    辻井伸行さん、あれ?聴いたことないかも。
    てか絶対うちのiTunesには入ってるからね。
    下手にクラシックの話を振ると長いから、あえて振らないけどね(笑)。


    >ムスメは辻井伸行をきくとかなり高い確率でぐっすりお昼寝ができます。

    すっごーい!
    普通の赤子はスーパーのレジ袋のガシャガシャ音で寝るのよ〜。
    さすがぴろせ家のお嬢さまは違うわあ^^


    > 久々元長野県知事も見ました。あっ、まだがんばってらして・・・と思いました。

    選挙ね。
    長野2区は候補者自体がすくないからねぇ。
    もう消去法で決まったも同然ですが。

    反TPP選挙のステッカーも欲しいなぁ。

    ( 18:33 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks