昨日はついに仕事を休んでしまいました。
38℃くらいの熱なら解熱剤飲んで普通に働くんだけど(言っとくけど昭和の女はみんなそうだよ!)今回のは、さすがに昭和の女も無理でしたー。


私に課せられた和室のカーテン作りは、そういうワケで頓挫しています。
が、こたつはすでに届いた日に組み立ててあったので、ムスメ、人生初のこたつライフ♪を楽しんでおります。

DSC01922_convert_20121123130227.jpg


こたつの向こう側の障子は、すでにプラスチック障子紙に張り替えられました。
ぜんぶ、修造がやりました。
古いのりをキレイに剥がす作業がとにかく大変だったとか。

「プラスチック障子紙」と聞いたとき、そんなまがいもの、ウチの中に入れるわけにはいかん!と、最初は私、断固反対しました。
日本人なら紙でいけ!紙で!とも言ってました。
でも暖かいらしいよ〜という言葉を聞き、「へ?…そうなの?」と急に勢いが弱まり、まぁ一度試してみてもいいかなーとなり、何か不都合があったらすぐに普通の障子紙に戻すことを条件に、今回初導入と相成った次第です。


結果、使ってみると、いいもんですね〜(笑)。
普通の障子紙に比べれば、そりゃ風情は劣りますが、やはり暖かいです。(私の主義主張は、ハシシタさんの原発に関する発言のようにコロコロ変わるんです)


ただ、紙の障子は水分を吸ってくれていたので、朝は障子がいつもよれよれになっていたのですが
今度はそれがないわけですから、当然結露が生じます。
それについては、寝る前と朝、必ず換気をするということを決めました。
これで1年やってみます。


あとはここにカーテンを吊るして完成…です。
私の仕事です…よね。
洗いざらしの布が嫌でも目につくところにドサッと無造作に置かれているのが かなりプレッシャーになっています。
うーーーーん。(←うなされている)



関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks