畑は今、こんな感じ。
畑というより、できそこないの古墳みたいだが。

DSC02062_convert_20121214210205.jpg

ついにソラマメを植えましてー。
この寒さに負けずにすくすく育っていた4株を、泣く泣く旅立たせました。


DSC02064_convert_20121214211249.jpg
寒さには強いと書いてあったけれど、本当でした。
3分の1は、寒さで葉が凍みちゃってたけど、あとは何とか無事。
下手したら全滅かも…と思っていたから、その確率にびっくり。

さすが日本の伝統種「讃岐長英」を祖先にもつだけのことはある。

少しずつ日本も寒くなってくるから、順応して生き延びるんだよ…と声をかけつつ。





DSC02067_convert_20121218200912.jpg

この「ふゆ菜」。

元気だし、葉はしっかりしてるし
肉厚で、虫も少ないし
いい子だわ〜。


これを時々採ってきては、おいしく頂いている。
ニンニクと塩だけで炒めて食べる。
美味すぎて死ぬ。


これ、毎年植えようっと。




選挙あとの「選挙ショック」で、呆然としていた月曜日。
それでも、トイレに行くヒマもないくらい仕事は忙しかった。
帰ってきて、倒れるように寝た。
10時間。一度も目を覚まさなかった。
かなり疲れてたんだと思う。


不正選挙とか、3割の投票所が投票時間の繰り上げをしたとか。
2Bの鉛筆で書くことも「訂正できるから…」と言うが、訂正するのは誰?
投票箱に2重の鍵をかけることになっているというのも、自治体によってマチマチで、杜撰なところもけっこうあるとか。
集計プログラムソフトが、ある1社に独占されていたとか。
疑えばキリがない。が、不正であるという疑惑は拭えない。


選挙の結果というより、「そういうことをする国だったんだ」という落胆。
そのショックで 立ち上がれなかったんだと思う。



    line04.gif



銃の国アメリカで、少し前にショッキングな事件があった。
サンディフック小学校で男が銃を乱射して子ども含む26人が殺された事件。


このニュースを聞いて、私たちは「アメリカという国はなんて物騒な国だ」思った。市民が銃を簡単に手に入れることが出来るから、こんな事件が起こるんだ、とも感じた。
子どもが何十人犠牲になっても、アメリカ人は銃を手放すという選択はしないんだな、と悲しくなった。


でもね、立ち上がってる人だって、アメリカにはちゃんといるのだ。


米で銃規制求めるデモ 小学校銃乱射事件受け
http://www.youtube.com/watch?v=wDxlKzIQOCQ&feature=player_embedded



外国人の私たちは、こんなデモやったってアメリカは変わらないよと思う。
アメリカには、全米ライフル協会というとてつもなく大きな力を持っている組織があり、それが銃規制を阻んでいる。彼らは何が起っても決して銃を手放さないだろうから。


でも、それでも、今のままでいいわけがない!子どもを銃から守るんだ!
という思いで集まった人たちが、ああして抗議活動を続けている。


・・・なんだか、今の日本のようではないか。



     line04.gif



1週間くらいは立ち上がれないかもしれないけど、
次に立ち上がった時はさらにバージョンアップしていることを願いつつ。(笑)





関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks