久しっぶりに酔っぱらってマス。

うちで飲むのは私だけなんで、いつも一人で飲んで自分で缶を捨てに行ってたわけだが、こう寒いと(外はマイナス2℃だぜ!)捨てに行くのも(指定日にですよ)買いに行くのも面倒くせーーーとなるわけでー。
お酒なんて、なきゃないで済むってもんですな。


さて、売国奴に告ぐ!ですよ。






いきなりですが、皆さん夫婦間で政治的意見が食い違うことはありますか?
ちなみにうちは、しょっ中です(笑)。

他人と意見が違うのはある意味当たり前なんで、懐深く受けとめますよ私はね。
でも同居人だとそうはいかない。
看過できないんですなあ。
自分の意見を押しつけて、何とか相手をねじ伏せようとする。
でもうちの夫はそう簡単にねじ伏せられてくれない(苦笑)。

TPPなんかもそうです。
私は反対。奴は基本賛成…というか容認。
TPPなんて農家だけの問題じゃねーの?と思っているお気楽な人種と同レベルの人間をオットにしているのは耐えられないので、口角泡飛ばしてやいのやいの言ってるんですが、どうも分かってもらえない。
ここは一つ中野センセイに出てきて頂いて、TPP加入がいかに日本に何のメリットももたらさないものなのかを、じっくり語ってもらいたい。
……と思って借りてきました。


「日本は外圧がかからないと変わらない」って、よく聞くよね。
うちの修造もこのセリフ、本当によく言う。
外圧をかけられないと…って、情けなくね? これこそヘタレの真理ですよね中野センセー?
TPPに加入しないとミサイルぶち込むぞオラ!なんてアメリカはひと言も言ってません。
むしろアメリカの外圧により加入したという形でもっていかれるのは困る。面倒くさい。だから自分たちでちゃんと考えて決めなさいよと言っている。
センセーいわく、「日本は外圧をかけられたがっている」。
情けなくて涙チョチョギレちまうス。
まだ12歳のままなんですかねこの国は。


グローバリゼーションは必ずしも日本を幸せにするものではない、ということを本書は示している。
グローバル化、新自由主義、構造改革、民営化。

かつて小泉元首相が自民党をぶっつぶす!とか、構造改革!とか叫んでいた時、私たちは、民営化や競争原理主義の導入によってもっと自分たちの暮らしぶりが良くなるものだと思っていた。
ところがどっこい、いざフタを開けてみれば一向に景気は回復しないばかりか、未だにデフレから脱却できないでいる。
あの頃小泉政権をさんざ持ち上げ、絶賛していたメディアも、今はそれを完全否定。
グローバル化は果たして国民の利益をもたらすのか?(儲かるのは海外に進出する国際企業だけじゃないの?←素朴なギモン)


売国奴(BKD)は、グローバル化した資本に日本を売る人間のことです。
センセイはそう言ってます。
今グローバル化グローバル化と言ってる人たちは、デフレで苦労しない人たち。ほとんどの国民は不幸になるのです。

センセイの言葉で印象に残ったのを一つ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日本の政党で怖いと思うのは『みんなの党』です。みんなの党は、どれだけ議論が矛盾していようが、大衆受けするポピュリズム的な事を必ず言うのです。TPP賛成、デフレ脱却、日銀法改正、あるいは官僚解体、電力自由化、本当は相反するはずの政策をずらりと並べて見せる」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・・・・・これにはまったく同意見(笑)。


面白いので目次だけでも読んでみて。
みんなで日本をどうしていきたいか考えないと、いつか必ず自分たちの足元をすくわれちまうぜ!
(ああ!私って本当に日本を愛しているのだなぁ)



line01.gif


年度末が近づき、なんだか多忙。
今年度は目標を低めに設定したから業績は達したものの、内実それほど大変だったという印象はない。
それでもストレスハゲが出来るくらいは、頑張ったよ。


ああ!暮らしていくに十分なお金を稼ぐって、大変なことだね。
十分…の基準はそれぞれだけど。




関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks