妹尾河童さんのスケッチブックで知った白菜鍋「ピェンロー」

中国の田舎料理だそうだが(チワン族の郷土料理とな)ほとんどの中国人がこの鍋の作り方を知らず、妹尾さんの本を読んで扁炉(ピェンロー)を知る中国人も多いとか。
おいおい。





作り方はいたってシンプル。

干し椎茸で出汁をとり、ザクザク切った白菜をぶち込む。
肉は、豚バラと、鶏のもも肉。
そして春雨。
味付けは、ごま油・・・・・以上!


うちは大人2人+小学生1人だが、白菜は丸ごと1個入れちゃいます。
白菜からもいい出汁が出て、これが何とも言えない風味なんだよなぁ。
初めて食べると「ん?ちょっと薄いかな?」と思うのだが、各自で塩と唐辛子で味付けしながら食べるのがコツ。
この方式がわが家に合っている。
味の好みは、それぞれですからねぇ。



「ピェンロー」「妹尾河童」で検索するといろいろ出てきます。
作り方はこちらが分かりやすいかな↓

ピェンロー:妹尾河童さんによる旨過ぎる白菜鍋


まだまだ寒いし、白菜が旨いぞ!
この季節には最高の一品ですぞ。




関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks