チャベスが死んだ・・・・・?


【チャベス大統領死去=がん闘病、復帰かなわず―反米の盟主・ベネズエラ】
時事通信 2012年3月6日(水)6時58分配信

反米左派諸国の盟主として知られた南米ベネズエラのウゴ・チャベス大統領が5日、首都カラカスの軍病院で死去した。マドゥロ副大統領がテレビ演説で明らかにした。58歳だった。がんとの闘病を続け、再び表舞台に立つことを目指していたがかなわなかった。チャベス氏の死去を受け、30日以内に大統領選挙が行われる。
世界有数の産油国ベネズエラは財政難にもかかわらず、チャベス氏の強い指導力でキューバやニカラグアなど反米左派の同盟国に石油を安価で提供している。




58歳。死因は何?
ニュースをいくら読んでも分からない。


チャベスが死んだ今でも、ベネズエラ国民は正確には何の病気で大統領が死亡したのか分からないままだ、と。


オバマの出した声明文には、追悼の言葉がなかった。



2年前カダフィが殺された時、「次に狙われるは、ベネズエラのウゴ・チャベスか」などと書いてしまった。(→


いろいろなことが頭をよぎってまとまらない。
もう少し気持ちが落ち着いたら書こうと思う。



chavez2.jpg
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. ぴろせ しのび | -

    癌とは報道されてますけど。

    ( 09:28 )

  2. ざざ | -

    そうですね。

    暗殺説が根強いようです。
    私の今日の哀悼記事も、そんなことを匂わせる感じになってしまいました。
    チャベスファンは、いつでもそれを心配していましたから・・・。


    私も赤い服を着て、チャベスに敬意を表しています。

    ( 11:36 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks