安倍政権の「成長戦略」の中で「3年間抱っこし放題での職場復帰支援」(しかしこのネーミングは何?)と名付けた育児休業3年間の推進案を盛り込んだらしい。


そもそも「育休3年」て、どうなのだろう?
どう考えるかは人それぞれだが、私個人はあまり賛同する気になれない。
一見働く女性に優しい政策のように思えるけれど、本当にそうだろうか?
優遇すると見せかけて、実は差別を助長してない?


私がムスメを産んだ時、1年間の育休を待たずに 10ヶ月で職場復帰した。
お金に困っていた…からではなく:)、年度のキリが良かったのと、これ以上休むと日進月歩の職種上、仕事についていけなくなると思ったから。
もし仮に当時3年間の育休取得が可能だったとしても、3年は取らなかっただろうな。私の性格からして。

3年間、子どもにどっぷり浸かって、濃厚な育児が出来たとしても
その後、確実に職場に戻ってきて元のようにバリバリ働きます!……なんて、
私は誓えない。
現実問題、そんな人に会ったこともない。

大体が、育休中に第2子を妊娠したり、気が変わったりして辞めていく。
それにハッキリ言ってしまうと、3年間のブランクのある人間は、即戦力にはならない。
よっぽどすごいスキルを持ってる人か、育休中も仕事に復帰することを視野に入れて努力を怠らずにいた人以外はね。



82.gif



他の法律や保育施設の充実、職場復帰の際の教育など、働く女性をとりまく環境などを一切変えずに、育休だけ3年間に延ばすと、どうなるだろう?

出産を機に退職する女性の数は確かに減るかもしれない。
でも3年間も、戻ってくるかどうか分からない人間を待ちつづける余裕が果たして、中小・零細企業にあるのか?
それ以前に、中小企業に勤める女性の何割が、1年間の育休をとれているんだろう?
1年の育休すら取れていないのが現状ではないの?
もし私がそういう小さな会社の経営者だったら、3年間の育休をとる可能性のある女性は、そもそも採用したくない…って考えちゃう。
キビシイようだけど、そうせざるを得ないもの。
それが、この国の現実。



育休3年という制度は、
女性の雇用率を下げ、母となった女性の職場復帰を妨げる要因になり得る。
・・・というのが、私の意見。


そもそも、3年間育児に専念させれば、保育所の増設も少なくてすむし、
いい加減復職もあきらめてくれるだろう…という穿った見方もできる(苦笑)。


大体ねー、3年間休んでも、復帰教育も充実していて何の問題もなく元の職場に復帰できる…なんて、公務員か一部の大企業だけなんじゃないのかしら?
なんだか私には、そっちの方が夢物語に思えるよ。



本当の育児支援っていうのは、働かなくてすむようにすることじゃなくて、
子育てをしながら安心して働けるようにしてあげること、だと私は思う。

そしてそれは、母親だけの問題じゃなくて、父親の問題でもある。
父親と母親がワーキングシェアしながら、どちらも育児に参加でき、安心して生活できる環境を整えてあげることが大事なんじゃないのかな。


強く、強く、そう思う。



coffee_convert_20130425224646.jpg


いつも注文している実家近くのコーヒー豆屋さんから、イエローブルボンという豆が同梱されてきて、早速試飲。
うーん、美味しい♪
やっぱりスタバの豆は買う気にならんのだわー。




関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks