8月25日(火)はれ時々くもり夕雨


ロリュオス遺跡群(ROLUOS RUINS)へ。アンコール朝以前の王朝(9C後半)のもので、古いがとても良かった。
プリヤ・コーという最古のものが。どうってことないけど気に入った。
チビ2人がおそるおそる近づいてきて「ボンボン」と言う。なつかしのフレーズに思わずあげてしまった。アメを!
そしたら又2人「ボンボン」と来て、又あげた。
これでイリアンジャヤで買ったアメは終了。
子供たち、アメもらう時、ブッダの拝む手と膝を折って「サンキュー」と。
今までにない礼の仕草。すごく感じが良かった。


Tシャツ売りのお姉さんも、ノーサンキューと断ったのに背後から「良い旅を!」だってー?
こんなこと言われたの初めてじゃないか。
カンボジアに入ってから、こういう場面が結構ある。
タイ人ほど無愛想じゃなく、「オークン・チュラン」も頻繁に聞くし、「本当にここ社会主義国だったの?」っていうくらい、店に行っても店員が素早く飛んできて対応してくれたりもするのだ。それでいてボラない。
これってすごいことではないかー!


私はだんだんカンボジアが好きになってきた。
「チェム・リェブ・スゥー!」(こんにちは)と、にわかにクメール語の勉強をする私。
昼に入った食堂も、安くて旨くてサービス良くて、言うことなし!


午後は、ネアックポアンへ。
子供たちもいろいろ考えてて、外人を扇子であおいだりしてチップ稼ぎ。
他の観光客が来たので「あっちの人たちをあおいであげたら?」と言ったら女の子、「カンボジアン、ノーマネー」ですとっ!
確かに地元の人たちだったが。


2度目のバイヨンは、人が少なくてひっそりしていた。
白い袈裟着た尼さん数人が、塔の周りを手を合わせながら歩いていた。
日本人のお父さんは、スラックスにナイキのエアーを履いていた。
お線香もらってお祈りした。


4度目のワットは、変わらずカッコ良かった。
夕陽は今までの中で一番美しく空に映えた。


最後だったので、少しずつだけど、手足のない人たちにバクシをして歩いた。
彼らには何の責任もないのに。生まれた時代と場所が悪かった。


ニコンの我がカメラの調子が悪い。暗い所で撮ると、電源が切れてしまう。おかげで楽しみが減った。もっといいカメラ欲しいけど…。


夕から雨。初めて傘が役に立った。シャムリアップにはカエルが多い。









夏休みに行く国について、簡単に予習しているところ。
選挙の結果を見て、もうこんな民度の低い国うんざりだぁぁぁぁぁーーー!と、今すぐにでも飛行機に飛び乗ってどこか遠い国へトンズラしたい気持ちになっています(苦笑)。


だって、17.6万票の人が落ちて、2.6万票の人が当選するって、おかしいだろ?
カンボジア人に聞いたって、10人中10人がおかしいと言うだろうよ。



             223.gif



シェムリアップという地名の意味が、「シェム(シャム=タイ人)」を、「追い出した(REAP)」という意味だって、初めて知った。
まぁ追い出したのはフランス人だが。
こんな地名つけるとは。。。感じ悪いぞカンボジア人(笑)。


でも楽しみで仕方ないです。
15年ぶりのその国へ。心はもう飛んで行ってる^^








関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. さおり | -

    だんな カンボジア人です。

    松本の給食情報を探していてこちらにたどりつきました。
    だんながカンボジア人で子持ちで、原発事故の後に山梨に避難しています。
    小学校の給食に未だに「きのこうどん」や「カレイのフライ」が出て来てびっくりします。

    イリアンジャヤ!懐かしい。行きました!
    市場の品物が、ちっこいじゃがいもぐらいしかなくてびっくりしたなあ。
    当時、町で唯一の商店のパンはくさってたし。

    その後、シェムリアップに沈没してしまいました。

    カンボジアも15年前くらいは良いところでしたよねえ。
    いまじゃシェムリアップもスーパーやらデパート?らしいきものやミニカオサンロードみたいなのが出来て子育てしづらい町になっちゃいました。
    まあ、今は日本にいるけど。

    日本の方が、安全・安心で、内戦もないし〜と思って戻ってきましたが
    これからはわからないですよね・・・
    すぐに脱出できるように1年オープンのバンコク行きチケットを買っとくか
    と昨日の選挙結果を見て考えています。

    と愚痴になってしまいましたが、またブログをのぞきに来ます!


    ( 13:59 )

  2. ざざ | -

    >さおりさんへ♪

    初めまして。
    カンボジア人のダンナさまがいる方とお話しするのは初めてです。
    猫さんじゃないですよね?(笑)


    イリアンジャヤが通じる方ってのも、珍しいですよ。ふふ。
    当時自分の書いた日記を読んでたら、ガイドのがめつさへのツッコミしか書かれてなくて、なかなか面白かったです。


    確かに日本は内戦もない。
    でもこれからあるかもしれない、ですよね?
    私もバンコクのオープンチケットを常備しとこうかしら。


    あ、それから松本の給食も似たようなもんですよ。
    サバの味噌煮とか、白身魚のフライトか。
    タケノコやキノコもふんだんに使われております(号泣)
    そんな現状を変えるべく、親たちが奮闘しているわけですが。


    また遊びに来て下さい♪
    当時の日記を少しずつ「世界は広い」カテゴリに追加していこうと思っています。
    ・・・・・楽なので(爆)


    コメントありがとうございました!
    ダンナさまによろしく〜。

    ( 19:38 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks