学童のキャンプ中です。
建物の隅に吊るしてあるカラフルなこれ、なーんだ?

DSC03182_convert_20130808195406.jpg


答え:トーチトワリングに使うクラブ(ファイヤースティック)です。


木の棒に 木綿の布をぐるぐる巻いて、針金で固定してあります。
写真の状態は、布を灯油にひたしたあと。
日が沈んだあと、このクラブに火を点けてトワリングをするのです。
これが 学童キャンプのメインイベント。
こんな危険なショーを見せてくれるのは、わが学童の高学年10数人!!!


学童のトーチを見せてもらったのは、初めてではないですが
ムスメが実際に点火したクラブを使ってトワリングするのは、今年が初めて。
これを見るために、徹夜明けなのに無理して夜まで待ったのです。
ま、バンガローで3時間ほど昼寝させてもらったんだけど(爆)


で、これが本当にすごかった!!!


DSC03250_convert_20130808200913.jpg



一生懸命練習してきたので、みんな自信をもってブンブン振り回す振り回す。
一人2本ずつ、両手にトーチを持って、八の字やら大車輪やら。

暗闇に、たいまつが一斉に同じ動きをする映像は、本当にキレイ!
火の残像と、クラブを振り回すときのビュンビュン!という音があいまって、ものすごい迫力でした。

BGMは、「無責任ヒーロー」と「女々しくて」の2曲。
ぜんぶ子供たちが自分で考えたそうです。


一見危険かも…というようなことも、ちゃんと子供たちに理解させ、練習を重ねてた上でやらせてくれる学童は最高ですね。

今回のキャンプ場は貸し切りだったからギャラリーは身内しかいなかったけど、
普通のキャンプ場だと、他のキャンプ客がぞろぞろ集まって見に来てくれ、最後はやんややんやの拍手喝采となるのが通常です。
いやぁ〜、でもこれは生で見たら絶対感動しますよ。
小さな子供たちがやるってのが、ミソですね。



line-tamared.gif




こうして一つ一つ、小学最後のイベントをこなしていく中で感じること。
トーチもそうだし、お泊まりもそうだけど、もう2度とムスメはこういう経験をすることはないんだろうなぁ〜と思うと、感慨深いです。


今年の夏休みの母からの宿題は、「とにかくたくさん遊ぶこと」
今んとこ忠実にそれを守って実行していますわ、ムスメ(笑)。



関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks