世界に遺跡は数多くあるけれど、アンコールワットは特別中の特別な遺跡です。
アジア人なら死ぬ前に一度は見ておくべき…と、個人的には思う。
ピラミッドやティカルよりも、グッと来るものがあるんだよなァ。



アンコールワットの中でも第三回廊は、特に神聖な場所なので、
いろいろ規制がある。
12歳以下の子どもはダメ。(なので、ムスメは一人で下で待機)
ミニスカートやノースリーブ、短パンも×。
帽子もダメらしく、入る時に注意された。
100人の入場制限あり。が、大体は並ばずに登れた。
でも入場できるだけありがたいと思わなくちゃ。
数年前は、修復していて入場できなかったらしい。
なんでも、階段が急すぎて、落っこちる人が続出したとか。


DSCF3874_convert_20130822085607.jpg

15年前は、確かこの階段(↑)を自由に登り降りしていたような記憶あり。
手すりなんか、なかった。
でもま、確かに危険ではある。てか、危険過ぎるわっ。


DSC00062_convert_20130822084053.jpg

上から見た風景。
この反対側からのサンセットがいいんですよー!
毎日こっから夕陽が沈むのを見ていた。毎日毎日(笑)。
でも今は夕方5時までしか入れないみたいだから、もうそれも不可能ですね。
1998年当時の日記から↓

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
夕方懲りずにアンコールワットへ。月曜のせいか、人が少ない。
皆サンセットを拝むため、6pm頃から塔のてっぺんに集まり始め、それに合わせて物売りの子供たちも上がってくる。見晴らしのいい第三回廊頂上は、日本人だらけ。
「オニーサン、コーラ!」「ヤスイネ、1ドル!」…日本語の大合唱。
「高けーよッ!」と日本人の男の子もやり返している。…
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



今は、物売りの子どもが上がってくることもない。


DSC00070_convert_20130822084025.jpg


この階段がどれほど怖いかって、これもんですよ!
オランダの階段かっつーくらいの怖さ!
観光客用に傾斜を緩やかにしてあるらしいけど、それでもかなり急。
高所恐怖症の私は、終始ガクブルしてました。
心臓の弱い方は やめといた方がいいでしょう。
遺跡を見るのも命がけですな。





関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks