代休。朝から薄曇り。
出勤したばかりのオットから「天気よくなるな」とのメール。
「空がきれいだから」…って、詩人か。


庭の掃除をする。
モッコウバラが恐ろしいほど枝を伸ばしていて、ブッドレアに絡み付いていたのを思い切り伐採した。かなりスッキリした。
伸び切っていた芝も刈る。雨続きだったので芝が重い。レーキでサッチも取り除いて、見違えるほどキレイな庭になった。あとは木の伐採に来る人を待つばかり(泣)。もう少ししたらこの木々ともお別れなんだなと、いっぱい写真を撮る。


午後は、中央図書館へ。オットから頼まれていた予約本を受け取りに。
そう言えば以前、オットが私の予約資料の受け取りに行った時、窓口の若い女性職員さんに「次回からはちゃんと本人が取りに来るようにして下さい!」とお叱りを受けたとか。それでうちのオットが引き下がるはずもなく、そんなことはどこにも明記してないじゃないかと食ってかかったらしい。窓口で揉めていたら、奥からエライ人が出てきてオットに謝り一件落着。


私が感じたのは、この職員さんは、何らかの事情があって図書館に本を取りに来ることができない人間がこの世にいるなんて、想像もしなかったんだろうなぁということ。
病気で寝たきりかもしれない、体調が悪くて外出できないのかもしれない、入院中なのかもしれない、どうしても仕事で平日の昼間に時間がとれない人なのかもしれない。…仮にも市の職員であるなら、図書館の利用者には社会的弱者もいるんだという思考回路を常に持っていて欲しい、かな。
あ!それとも真相はこれ?↓
(職員さんの心の声)このざざむしって奴はいつもダンナに本取りに来させやがるな、いっつも変な本ばっか大量に予約しやがって。たまにはてめぇが来やがれ!



図書館内は相変わらずホームレス臭がした。
私は他人より鼻が利くので、少々つらいものがある(苦笑)。
でもこの寒い信州で、空調が効いていてトイレがあって水を飲めて何時間座っていても怒られない場所などそう多くない。むしろ心配になる。凍えるような夜はどこで時間をつぶしているのだろう。


折しもマクドナルドで「ホームレスお断り」の貼り紙が貼られていたというニュース。(「ホームレスお断わり」 マック難民はどこへ行くのか 田中龍作ジャーナル)
なぜホームレスの人たちがマックに行くのか。それを考えないといけない。
本来は行政が何とかしなければならない問題のはずなのに、ネットカフェやマックなど店側に難民の処遇を委ねているからこういう問題が起こるのだ。
マックが締め出せば、次の店に行くまでだろう。が、この締め出し行為そのものも、人権を軽視していると言われても仕方ない。何とかならないのか。
都内のある図書館は、確か「社会人コーナー」という一角を設けてあった。あとで知ったが、ホームレスさん専用席だったらしい。図書館側の苦肉の策である。
(私は知らずにそこで長時間PC持ち込んで論文を書いていた



図書館を出たら雨が降っていた。
畑に行く予定だったのだがこれではなぁ。
仕方ない。家でゆっくり本でも読むか。

最近は、穂村弘ワールドにハマっているので、全部読破しよう。
「にょっ記」に続き「にょにょっ記」を読む。
ぷくく。声に出して笑ってしまう。
これ、知らない人が見たら気持ち悪い光景だろうなぁ。


今日は3連投。
すげー。
ちょっと肩を休ませなくては。


関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks