あの忌まわしい事故から2年8ヶ月。
最近はまた原発に関するニュースが毎日のように出ている。





小泉元首相がここに来て急にあちこちで脱原発を言い始めた。
安倍首相に対し、この環境で脱原発に舵をきらないのはバカじゃないかと言わんばかりの演説。この覚悟は郵政民営化の比じゃないとまで言い切る。
脱原発は大いに結構。が、この一連の「小泉劇場」を、眉をひそめて見ているのは私だけではないだろう。今頃なに?何が言いたいの?その意図は……?


久しぶりに表舞台に出て、世間がまだ自分に注目してくれることで自己満足に浸っている、というだけならまだいい。老人のたわごと、と割り切れる。(それにしても脱原発で遊ぶなと言いたいが)


だが、私は忘れない。
かつてこの人物が、センセーショナルなワン・フレーズ・ポリティックスで国民を惹き付け、真の問題から民衆の関心を逸らし、その間に重大な法案を次々に可決させたことを。
「自民党をぶっ壊す!」「聖域なき構造改革!」「人生いろいろ」「感動した!」…


今、民衆に気づかれたくないまま通そうとしている重大な法案は何か?
そう、「特定秘密保護法案」です。


発言の裏に透けて見える、真実を見なくては。
疑り深すぎる?
でもテレビはウソしか言わないし、そのテレビで盛んに放送していることって絶対何か裏があるんだよ。
竹村健一が言ってた。
「マスコミが、芸能ネタなりスキャンダル事件を連日連夜、執拗に報道している時は注意しなさい。
国民に知られたくない事が必ず裏で起きている。
そういう時こそ、新聞の隅から隅まで目を凝らし小さな小さな記事の中から真実を探り出しなさい」
……って。



iroiro.gif




そして今朝、福島の除染作業員がショッピングモールのゴミ箱の中で焼死していたというニュースが。
福島県警は、「外傷がないので事件性はない」とした。
ちなみにこのゴミ箱、外側から鍵がかけられていたそうな。


・・・・・えっ?


いやいやいやいや…。
これがまかり通ったら、何でも事件性はないということになってしまうがな。



iroiro.gif



先日、福島県の佐藤知事が、事故後初めて「帰還せずに新しい土地での生活再建を選ぶ住民に対する支援が必要だ」と述べた。
いいですか? 初めて、なんですよ?
今まで何が何でも避難住民を福島に戻そうということだけにやっきになっていたけれど、この時期に帰還しないってことはもう無理なんだと思ったのかな。
それと帰還困難区域に関しても、最終的には住民全員が戻ることができるよう、国に支援を求めたとか。
安心して帰還できるのって、何万年後の話?
確か「除染は無理」って、専門家も結論出したと聞いたようなきがするが。


難しい。
本当に難しい問題だ。
自分の住む地域が、突然汚染されて「住めない」って言われたら、私ならどうする?
最終的には、大きなリセットボタンを押すしかないと分かってる。
でもそれまでにどれだけ苦しい決断の日々を強いられるのか。
考えただけで、胸が苦しくなる。


だからこそ、苦しい決断を下した人たちを支援をするのは当然のこと。
帰れ、戻って来い、と言うだけでなく、戻ってこなくていいからあなたを助けたいと、ようやく言ってくれたことを評価したい。
ま、遅きに失した感は否めないけどね。










関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks