階段の照明がまた変わった。


毎年変えているのだが、修造言わく、ファストインテリアを楽しんでいるのだと。
彼はものすごく照明にこだわるので(私は別に天井の照明器具がどんなものかなんて気にしない)IKEAに行くと照明器具を大量に買い込む。そして、家に帰ると早速付け替えて歩く。


これは1990円だったかな。
なんてことないヤツだけど、わが家の定番カラー(赤)が効いてるね。
LEDなのにすごく明るい。


DSC00889_convert_20140106190958.jpg


以前のも、IKEAで買った。驚きの500円。ちなみにこれ↓




これはお遊びでつけたんだけど、何しろ暗かった。中高年には不向き(苦笑)。


天井の真ん中に蛍光灯のシーリングライトを付けて、部屋全体を煌煌と明るく…というのが苦手。
そもそも、蛍光灯の白っぽい光が昔っからあまり好きではない。なんかコンビニみたいで^^
食事をする場所も、何となくイランのレストランみたいな、暗い照明の方が好き。
まぁ、今は老眼が始まっているからあんまり暗いのはよろしくないのだけれども。


基本的に、部屋は薄暗くても良く、その代わり「間接照明」を充実させる…という考え方。
だから、必然的にうちには 壁つけライトやら電気スタンドやらが多くなる。
必要な照明だけ点ける。
人の居るところだけ明るく照らす。
古家な上、薄暗いと、なんか物悲しい感じはするかもしれないね。
でも、見え過ぎちゃって困る…よりはいいんです。






関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks