和室が寒いからカーテンをつけてくれ!…と修造に言われたのが確か2年前。
ユザワヤで布買ってー
それを洗ってー
その辺に放っておいたら、いつの間にか2年が経ってた、というー。


こういう人間のことをこの辺では
「ずくがない」
と、言います。

このままのペースでいくと、あっという間にさらに3年の月日が経ってムスメが中学を卒業し、私の顔のほうれい線もさらにくっきり浮かび上がり、さてそろそろ南の島に引っ越すか?という流れになってしまうため、ずくを出して何とかカーテン(もどき)を完成させました。





訳あって下はまだまつってないので、こんな感じにくしゃくしゃしてます。
(サイドはもちろん最初っからまつってない)
なので今、足元がものすごく邪魔です。
なんでこうなっているかと言うと


DSC00915_convert_20140121032619.jpg


掃き出し窓の上に、もひとつ窓があるでざんしょ?
どーせカーテンを吊るすなら、そこも隠したいじゃあーりませんか。
あたいはちゃんとそこまで考えて、250cmに裁断したんですからねっ。えへん。

DSC00916_convert_20140121032644.jpg


カーテンレールを上に付け替えてくれさえすれば、いつでもあたしはカーテンを完成させられる。
カーテンレールを上に付け替え屋さん、どこかにいねがー。
(なんだかまたこのまま2年の月日が経ちそうな予感。とりあえずこれだけで随分暖かくなったんで)






関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks