一生懸命畑に水まいたのに、夜からけっこうな雨。(天気予報見とけ)


あまり代わり映えしない畑ですが、モロッコいんげん(私にとっての神)の芽が出てたのでぜひ見て下さい。(これ数枚撮ったけど、右側のヤツが全部ピンボケ。写真撮られるの嫌いなタイプ?)






あと、ルッコラ
ところどころ虫に食われたあとあり。
今日もちょびっと間引きした。
DSC01640_convert_20140521041240.jpg

・・・・・以上。
あとはまだ何も生えてません。
ムクドリの卵も孵ってませんでした。



line-tamared.gif




反抗期真っ最中のムスメを1匹飼ってるっつー話はしましたよね?


私、あれからいろいろ考えたんですけど、この反抗期ってのは「親を子離れさせるためのもの」なんじゃないかって。ええ。
修造(オット)を見てて、強くそう思いました。
(あんなにムスメにベッタリだったオットが、今急速に子離れをしているのでw)


ムスメが小さかった時は、この子もいずれ成長して家を出るのか…と考えるだけで淋しくなったりして、自分は果たして子離れできるのだろうかと不安もありましたが、まったく心配無用でした。
前より一段と冷静に、ムスメのことを一人の人間として客観的に見れるようになったというか、親目線が「何でもかんでも守ってあげる」から「草葉の陰からそっと見守っていてあ・げ・る♪」にシフトチェンジしたというか。(なぜ草葉の陰?)
失敗する前に手出して予防してたのが、失敗するのを何も言わず見てますもん私。


明らかにムスメに対する愛情の質が変わりましたよね。うまく言えないですけど。


こういう親の変化も、必要なのかなと思っています。
親離れしつつ、子離れもさせてくれてるんですわ、ムスメが。


あと最近、反抗期ムスメへの対処法見つけました。
ムスメが汚い言葉で何か言う時、目の前にいるムスメを通り越して、1歳くらい(便器につかまって立ってた頃)のムスメの姿を必死で思い出すんですわ。

今この目の前にいる親に「このクサレチン◯!」とか言ってるムスメと、あの便器につかまりながら(しつこいわ)はでぶと言ってた超愛くるしい幼女は、にわかには信じがたいが同一人物なのだ…と自分に言い聞かせるわけです。


そうするとですね、エラそーなこと言ってるが私はお前がうんこもらしてた赤子の頃から知ってんだよぶははは!と、精神的に優位に立てて、後に続く罵詈雑言を笑って聞き流せるようになるんです。


相変わらず、+と+のぶつかり合いで(私も一歩も引かないんで)うるさくしている毎日ですが、あの1歳がよくここまで親にものを言うようになったものよのう…と感心しながら見ている自分もいたりして(苦笑)。



26a3074c_convert_20140521051211.jpg





昔よくこの子に似てると言われたが
こんな可愛くないわっ
でも口調はこんな感じ(泣)




昔何かの本で読んだのですが(『塀の中の懲りない面々』だったかなァ…)安部譲二さんが、「親孝行なんて5歳までの可愛らしさでとっくに済んでいるんだ」みたいなことを書かれていて、なるほどと思ったのですが、こういうことだったのか、と。


5歳くらいまでの可愛らしさは異常ですよね。
でも、それは「貯金」
あとで(主に反抗期)それを引っ張り出してこなきゃいけない日が必ず来ます。
私も実際、この時期の可愛かった思い出がなかったら、今頃手をかけてたかもしれません。(物騒な!)


それに、自分も通ってきた道だからこそ分かる…ということもありますな。
母親が「ウザイ」父親が「キモイ」というのは誰しも通る道ですよね?!


+++++


時々ムスメの方から「ママ!とっくみ合いのケンカしよう!」と言ってくることがあります。
もちろん私は如何なる時でも応じるのですが、こないだ、体を持ち上げられ落とされた上にウエスタンラリアートをかまされた時はホント死ぬかと思いました。
もう手加減は無用。本気でかからないとこっちが殺(ヤ)られます。


「うち、毎日ビール飲んでるお母さんてヤだなっ!」とか言いますが
「必ずお前も将来そうなる! 辛党だし!」
と言ってやります。


反抗期なんかさっさと通過して、早く成人して一緒に酒飲もうぜ!ムスメ!







関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks