えーっしばらくぶりの更新でございます。

いろいろ立て込んでいたわりには別段書くこともなかったこの5日間。
ムスメの部活の説明会やらに出たり、ムスメを眼科に連れて行ったその足でソッコー眼鏡を作ったり、ムスメのLLサイズの体操着(追加分)を買いに行ったり、ムスメの中学のPTA作業で朝から(しかも徹夜明け)草むしったり、そのあと親睦会で年甲斐もなく子どもたちと大縄跳びをしてはしゃいで足をつったりしてました。
(ぜんぶムスメの用事やん!ムスメいなかったら私ホントに暇人だな)


その間にも世間ではいろいろあったわけで。
吉田調書のこととか、大飯原発差し止めの判決とか(!)、美味しんぼ言論弾圧事件のこととか、タイの政情もすごく気になってる。


…なのに、休みの今日、私はファミコンしてた。


大掃除していたら7つほどスーファミ(私はSFCなんておしゃれな言葉は使わない)のカセットが出てきて、うわぁ〜懐かしいー!でもうちもうテレビないしなぁ〜なんて言ってたら、夫が1500円で買ったモニターにつなげて遊べるようにしてくれたのが昨日のこと。


いやでもさすがに動かないだろうと思ってカセットにふっ!と息を吹きかけて
ガシャッとはめ込んだら、20年前のスーファミがなんと息を吹き返した。
(注:なぜ息を吹きかけたのかは近くの昭和世代の人に聞いて下さい)


電池がイカれてるからセーブは出来ないぞと言われたが、なんのなんの。
ちゃんと動いております。
この「ダンジョンマスター」というゲームは、当時私が一番ハマってやってたもの。

攻略本がなければダンジョンを進むことさえ難しいうえ、勇者選びから難解な呪文まで、実によく作ってある。こういうの作る人って天才だよ、攻略本作った人もかなりスゴいけどねーなどと感心していたっけ。
今やってみてもまったく古くない。コワイ。マミー、コワイよー。

でも、何も見なくてもスイスイ進みながら呪文もきっちり覚えている私のほうがコワイ!?


スーパーマリオで裏技を駆使しながらいとも簡単にクリアしていく母(元ゲーマー)の姿を見て、驚嘆の声を上げるムスメ。
でもその後すかさず「ゲームうまくても何の役にも立たないけどね
・・・んがんぐ。


いや、おっしゃる通りでございます(苦笑)。
私がスマホを持たないのは、ゲームに時間を費やしてまた廃人化してしまいそうだからなのです。(20代の黒歴史)


これはまた梱包して、押し入れの奥にしまっておくことにしましょうね。






関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks