このところ花屋さんに入り浸っているわけですが(笑)
ウスネオイデスが視界に入ると買わずにいられないこのクセ、何とかなりませんかね?
上の写真が、新入りです。ウッス!


でもうちのウスネたちと比べて、太いしモフモフしてるんです。ほら。

DSC01677_convert_20140603185237.jpg

左の色の薄いほうが新入りです。
古株のほうは、左に比べると極細って感じ。
種類が違うのかもしれませんが、古株のほうも、買った当初はもっとモフモフしてたような気がするんですよね。

しかしこうして見ると、色もぜんぜん違いますな。
ちなみに右は霧吹きをかけた直後なので濡れてて色が濃いだけなんですが。(まぎらわしいわ)



このウスネオイデス。
外に吊るしてあるので、時々ちぎれて風に飛ばされてたりします。
こんな風に。↓

DSC01673_convert_20140603185352.jpg


芝生だと同化してしまうので、見つけ出すのはほぼ不可能。
まぁそれも運命でしょう。


やはり温室のような湿度の高いところが好きなんだろうなぁ。
ここ(松本)は乾燥してるしな。
日射しも強すぎるし。
それでどんどん痩せ細っていったのかもしれません。
でも長くはなっているのです。確実に。


ウスネオイデスよ。
太く短く生きようぜ!!


・・・・と言いつつ、今日は液肥をたっぷり与えときました。
肥えろ〜肥えてくれ〜。家主のように。頼む。





関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    ( 05:33 )

  2. ざざ改め電気羊 | -

    >鍵コメさま♪

    キセログラフィカ…。
    ググってみてああアレか、と知りました。
    私が絶対枯らしそうなアレ、ですね。

    植物からのSOS、鍵コメさまには分かるのですね。
    そういう人を「緑の手を持った人」というのだそうですよ。

    私は残念ながら緑でなく、どす黒い茶色の手なので、その分目を駆使して植物の状態を見るようにしています。
    植物は「人間の足音が分かる」らしいです。
    だから毎日そばに行くだけで、元気になるとか。
    今は亡き柳生真吾さんが言ってました。

    ( 08:18 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks