モロッコいんげんの花が落ち、実を結んでいるところ。





私たちの口に入る野菜がこうして出来ていることを、今更ながら感動して見ている。
私がやったことなんて、適当な時期に種をまいただけ。
それでも こうして花が咲き、実が成る。


もしモロッコいんげんが喋れたら、ぜひお話ししてみたいもんだ。
いんげんのヤツ、何て言うかなー。
「アンタ趣味は野菜作りと言ってるわりに、ちっとも来ねぇんだな。もっとマメに世話してくれよ」とか言いそうw


すごいと言えば、庭に偶然成ったカボチャ

DSC01896_convert_20140707085022.jpg


雄花ばっかり咲いて、雌花がなかなか咲かなくてどうしようと思ってたところに
ようやっと1つ雌花を見つけたんで、出勤前に受粉しようとしたんだ。


そしたら、先客がいてねぇ。
ミツバチさんだよ♪
そばにラベンダーが咲いてるんで、それを目当てにミツバチがぶんぶん飛んでるのは見てたけど、そのミツバチがカボチャの花にも顔を突っ込んでいてね。
なんか受粉してくれてそうだった。お尻にいっぱい花粉つけてたし。
急いでたから、写真が撮れなかったのが残念!
だからその日は彼らに任せることにして出勤。
今度時間がある時、人口受粉しとこう。(念には念を)



花とかミツバチを見ると思い出すのが、中島らもさんの名言↓


「おれは花は好きだ。あんなてっぺんに堂々と生殖器のっけてるんだものな、いい根性してるよ」(『牢屋でやせるダイエット』より)





……以上、自然の力はスゴイというお話。







関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks